29May

『中篇故事・2ch』遇到前女友时,她已经成为了寡妇(五)

时间: 2015-5-29 分类: 遇到前女友时,她已经成为了寡妇 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1346859682/


 

上一章 目录 下一章

 

42:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 01:42:02.79 ID:mLbuWsMi0

頭の中でアラートが鳴り響く!

(メイデイ! メイデイ! 緊急事態発生! もうダメです、墜落しますっ!)

次の瞬間、オレの頭の中は衝撃に耐え切れずブラックアウトしたw

致命傷を負って青息吐息の中、オレが選んだのは・・・

脑中的警报一齐发出了轰鸣!

(Mayday! Mayday! 紧急事态发生! 不行了,要坠落了!)

下一个瞬间,我的脑子实在忍受不住冲击陷入了瘫痪w

受到致命伤而正一筹莫展的我,选择的是・・・

 

45:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 01:49:38.57 ID:mLbuWsMi0

Bだった。

是B

 

オレ「小ミソノちゃん・・・帰ろう」

余計なことを言うと拗れると思ったオレは極めてシンプルに言った。

感情的になった女性に理詰めで話をして勝てたためしがなかったからだ。

しばらくの沈黙の後・・・

我「小美苑酱・・・回去吧」

想着如果说多余的话可能会让她闹别扭的我,尽可能简短地这么说道

因为对于变得感性化的女人,就算用理由去说服也是说不通的

在经过小小地沉默之后・・・

 

小ミソノ「・・・わかった・・・でも・・・ちゃんと帰るから・・・キスして欲しい・・・」

弱々しく涙ながらに絞り出すような声だったが、オレはもう迷うことはなかった。

目を閉じた彼女のおでこに軽くキスをした。

小美苑「・・・我知道了・・・但是・・・

    我会好好听话回去的所以・・・希望能吻我・・・」

虽然那是布满眼泪,微弱得像是挤出来的声音,但我已经不再有迷茫

对紧闭双眼的她,我轻轻地在额头上亲了一下

 

46:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 01:53:41.55 ID:mLbuWsMi0

結論から言うと、オレは第二波攻撃のダメージで逆に正気に戻った気がする。

あまりにもダメージが大きすぎて、限界を突き抜けてしまったのだ。

もし、アレがなければ彼女を黙って抱きしめていたかもしれない。

从结论上说的话,第二波攻击受到的伤害反而让我清醒了过来

因为伤害实在是太大,已经突破了极限

如果,没有后面那一记的话,我可能已经二话不说紧紧抱上去了

 

帰りの電車の中では、彼女はオレに寄りかかって、ずっと眠っていた。

ただ、オレは時折彼女の頬を伝うモノを黙って拭いてやらなければならなかったが・・・

在回程的电车上,她靠在我的肩上,一路上都在睡着

只不过,我不得不时不时一言不发地擦擦她脸上划过的泪痕・・・

 

47:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 01:55:21.71 ID:mLbuWsMi0

タクシーで彼女を家まで送り届けると、母であるミソノが玄関で待っていた。

フラフラと戻る娘を無言で迎えると、オレに深々と礼をして玄関の中へ消えていった。

通过的士将她送回家时,作为母亲的美苑已经在门口等着了

沉默地迎接了步伐不稳的女儿后,她对我深深地行了个礼,消失在了门口之中

 

次の土曜日も、その次の土曜日も、ミソノの姿も小ミソノの姿もなかった。

オレは末っ子の待ち時間を独り、いつもの喫茶店で過ごした。

然后在周六,以及下一个周六,都没能美苑和小美苑的身姿

我在等候孩子的时间里,独自在往常的咖啡厅里度过着

 

63:名も無き被検体774号+: 2012/09/06(木) 09:36:30.94 ID:Il9cGOjA0

母子家庭で育った女=年上好き

これってアリガチな発想だけど結構ホントにあるから困る

ま~手を出したら全て男が悪い事になる訳だけど

母子家庭中长大的女孩=喜欢年长者

这虽然大部分只是想象,但实际上现实也有挺多这样的所以很让人困扰

嘛~如果真的出手的话,全部会变成男方的不好

 

1の理性に乾杯

为楼主的理性干杯

 

67:名も無き被検体774号+: 2012/09/06(木) 10:26:31.14 ID:29 ID:i+xokc0

おでこでもキスしたらダメだろ

自分の嫁と子供捨てて慰謝料・養育費たんまり払う気あるなら別だが

グラついてんじゃねーよ

就算在额头上也不能亲吧

如果准备抛弃自己的老婆,扔下孩子

准备承担大量赔偿金・养育费那是另一码事

不要这么摇摆不定啊

 

68:名も無き被検体774号+: 2012/09/06(木) 11:18:30.91 ID:3SgCD5iu0

>>67

おでこは大丈夫じゃ無いか?

親愛の情って事で、流されなかった1は凄いわw

>>67

只是额头的话没问题吧?也可以算作是一种人情了

不如说没有被气氛吞没的楼主很厉害w

 

俺なら…()

如果是我的话…()

 

69:名も無き被検体774号+: 2012/09/06(木) 11:26:58.09 ID:27 ID:dva2sT0

うん、流されかねんところだったな。

でも終電間際ってのは、タイミング的に送り返すしかないよね。

嗯,看这发展就算被气势所吞没也不奇怪呢

只能在临近末班车时,看准时机将其送回去了呢

 

終電戦術は大人どうしでのみ通用する駆け引きだと思う。

我觉得末班车战术就是专门针对大人的战术手段

 

81:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 23:13:25.91 ID:mLbuWsMi0

テーマパークの一件から3週間が過ぎた土曜日のこと。

今日もミソノは居ないんだろうかとか考えながら末っ子を教室に連れて行った。

思えば、もう3月も近い。そうなれば俺はもうここに来る理由がなくなるのだ。

然后那是在主题公园一件以来三周后的周六发生的事情

边想着今天美苑应该也不在吧这种事情,边将孩子送到了补习班

想来,已经临近三月了。到那时我也将失去到这里来的理由

 

オレ(あれは何だったんだろう・・・)

オレ(選択肢は正しかったのか? いや、間違いではないだろう)

オレ(というか、もし泊まっていたら・・・)

オレ(いやいや、四十前の大人が女子高校生に魅了されて外道とかありえんしw)

オレ(でも正直、可愛かったよなぁ・・・)

我(那个到底是什么呢・・・)

我(我的选择是正确的吗? 不,应该没有错才对)

我(话说,如果真的过夜了的话・・・)

我(不不,都要奔四的大人迷上女高中生什么的,又不是邪门歪道w)

我(不过说实话,真的是很可爱啊・・・)

 

などと小ミソノが飛び込んできたシーンを反芻しながら教室に向かう。

像这样边回味着小美苑扑进怀里的一幕,边来到补习班

 

83:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 23:15:11.76 ID:mLbuWsMi0

受付にはミソノがいた。

柜台的接待人员是美苑

 

ミソノ「こんにちは、オレくん、末っ子ちゃん」

オレ「こんにちは、久しぶりだね」

ミソノ「なんかシフトがズレちゃって。ふふっ」来たっ!悩殺ポーズだw

オレ「休憩は何時から?」若干、動揺するも普通を装いながら言う

美苑「你好啊,我君,孩子酱」

我 「你好,好久不见了呢」

美苑「不知怎的值班时间老是错过,呼呼」来了!恼杀pose!w

我 「休息时间从什么时候开始?」

虽然有些许动摇,但我还是装出一副若无其事的样子

 

ミソノ「ちょうど今からよ」

オレ「じゃ、行こうか」

ミソノ「はい」

美苑「刚好就是现在噢」

我 「那么,去吧」

美苑「嗯」

 

というわけで、久しぶりに“土曜の会”成立である。

オレとしては、テーマパークの一件は是非とも避けたい話題だったのであるが・・・

就这样,我们久违地开了「周六之会」

从我的角度来说,主题公园那件事是无论如何也想回避的话题然而・・・

 

84:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 23:17:02.46 ID:mLbuWsMi0

ミソノ「この間はごめんなさいね。小ミソノが失礼なことしちゃったみたいで」

って、オイオイ、いきなりこの話題かよ

美苑「前段时间不好意思噢,小美苑好像做了很失礼的事情」

喂喂,一上来就是那个话题么

 

オレ「あぁ、気にしないで下さい。彼女、ちょっと周りの雰囲気に飲まれちゃっただけでしょうし」

オレ「カップルがいっぱいでしたからね、ハハハ」努めて明るく振舞う

我「啊啊,请不要在意。她也只是被周遭的氛围所感染了而已」

我「毕竟周围都是情侣呢,哈哈哈」努力装出一副开朗的模样

 

ミソノ「・・・それが、そうでもないんです・・・」

オレ「えっ?」

美苑「・・・其实,也并不是这样噢・・・」

我 「诶?」

 

88:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 23:25:06.00 ID:mLbuWsMi0

以下、ミソノの説明を簡単にまとめると

・当初、小ミソノは母ミソノとオレをくっつけようとしていた

・キーとなる日には“例のカチューシャ”をしてオレを過去に引き戻そうと企んでいた

・そのためにミソノの卒業アルバムを見て、なんと同じ髪型に変えていた

・カチューシャについては、母ミソノが大事にしていたのでピンときたらしい

・その後、母ミソノにその気がないことを知ったが、オレとは離れたくなかった

・そこで自分がオレと、くっつこうとした

如果要把美苑的说明简单总结的话那就是:

・一开始,小美苑是想要撮合美苑和我

・初次见面那一天也是想利用「那个发箍」把我拉回到过去

・为了实现这个目的,还看了美苑的毕业照,专程变换了同样的发型

・关于发箍的话,好像是因为看到母亲珍重保管所以一下恍然大悟

・在那之后,虽然了解到母亲并没有那个打算,但还是不想跟我分开

・于是想通过自己来拉拢我

 

そして

然后

 

89:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 23:27:15.15 ID:mLbuWsMi0

・やっぱり、父親がいなくなったのが寂しかったのだろう・・・

・果然是因为,父亲去世以后感到寂寞了吧・・・

 

ということだ。

得出了这样的结论

 

オレは自分を責めた。

いたいけな女子高校生の傷心を癒すどころか逆に深くエグっていたのだ

その必死な気持ちに何となく気づいていながら・・・

何もできないくせに・・・

いい人を装って・・・

我陷入了深深地自责

对惹人怜爱的女高中生,别说是治愈了她的伤心,反而加深了她的伤口

明明隐约注意到了她那拼死的心境・・・

明明什么都做不到・・・

却装出一副好人样・・・

 

結局は自分が過去の感傷、つまり・・・

姿形の似た小ミソノを使って、高二の自分の再現ドラマを楽しんでいただけだったのだ。

结果自己归根到底只是沉浸在了过去的感伤之中,也就是说・・・

只是利用了外表相像的小美苑,重现了一次高二的自己而乐在其中罢了

 

・・・オレは自分の最低さに吐き気がした・・・

・・・我对自己这烂透了的行为感到反胃・・・

 

90:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 23:31:52.53 ID:mLbuWsMi0

オレ「・・・」

ミソノ「・・・」

我 「・・・」

美苑「・・・」

 

オレはこの後、どうすればいいのか分からなかった。

たぶんミソノも同じ思いだったのであろう。

我在这之后,不知道该如何是好

我想大概美苑也是同样的心境

 

オレ「・・・オレ達って、もう会わない方がいいのかな・・・」

ミソノ「そうかもね・・・」

ミソノ「・・・でも、最後にひとつだけ私のお願いを聞いてくれる?」

我 「・・・我们啊,或许不要再见面会比较好吧・・・」

美苑「也许吧・・・」

美苑「・・・不过,能听我一个最后的愿望吗?」

 

なんとなく、怖かったのであるが・・・

オレ「いいよ。なんでも言ってよ」

虽然稍稍感到有些恐惧・・・

我「可以噢,不管是什么都尽管说」

 

と、カッコつけて言ってみた。

というか、この母子に許してもらえるなら、本当に何でもしようと思ったのも事実である。

但我还是逞强地回应道

不如说,如果这对母女能够原谅的话,真的想为她们做些什么也是事实

 

92:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 23:34:15.59 ID:mLbuWsMi0

ミソノ「家に来て欲しいの・・・一度だけ・・・」

美苑「希望能来家里一趟・・・只是一次就好・・・」

 

オレ「えっ?!」

ミソノ「変な意味じゃないの。あの家は悲し過ぎるから・・・」

ミソノ「最後に楽しい思い出で終わりたいの」

オレ「どういうこと?」

ミソノ「家を手放すことにしたの。二人で暮らすには広すぎるから」

我 「诶?!」

美苑「并没有奇怪的意思在里面噢,只是那个家实在过于悲伤・・・」

美苑「在最后,想用开心点的回忆来结束掉这一切」

我 「什么意思?」

美苑「那个家打算放弃掉了。对于两个人来说,实在是过于宽敞」

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
  1. 炤炤穆穆

    悲伤的故事

    2015年5月29日 18:00来自移动端 回复
  2. 约束の地

    来这是晚饭 母女丼

    2015年5月29日 13:03来自QQ1 回复
    • 我妻有奶

      我开动了

      2015年5月29日 15:49 回复
返回顶部