27May

『中篇故事・2ch』遇到前女友时,她已经成为了寡妇(三)

时间: 2015-5-27 分类: 遇到前女友时,她已经成为了寡妇 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1346859682/


 

上一章 目录 下一章

 

20:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 01:06:40.51 ID:mLbuWsMi0

というが早いか、ミソノは喫茶店の端の席にいた女子高生に目配せをする。

するとその女子高生が、こちらにやってきた。

话虽如此也太快了吧,美苑视线移向了坐在咖啡厅一端的女高中生

紧接着那个女高中生走了过来

 

ミソノ「私の娘、小ミソノなの。高校2年生よ」

オレ「えっ?えっ? あっ、こんにちは、オレです」

美苑「这是我的女儿,小美苑,读高二噢」

我 「诶?诶? 啊,你好,我是楼主」

 

正直、俺は狼狽した。

なぜなら、小ミソノが俺の記憶の中にある高2のミソノ本人と瓜二つだったからである。

髪型からカチューシャまで、そっくりなのだ。

っていうか、そのカチューシャ見覚えがあるんですけどww

说实话,我当时很狼狈

要问为什么的话,小美苑和我记忆中高二时候的美苑本人长得一模一样

从发型到发箍,都是一模一样

话说,那个发箍感觉好像见过诶ww

 

21:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 01:09:12.96 ID:mLbuWsMi0

小ミソノ「こっ、こんにちは。いつも母がお世話になってます」とペコリと頭を下げる。

オレ「お世話なんてとんでもない」

オレ「末っ子が教室に通ってて、その待ち時間に付き合ってもらっているんですよ」

小ミソノ「・・・最近、母が少し元気になったんで、私嬉しいんです」

小ミソノ「知ってると思いますけど、お父さんがあんなことになってから・・・」

小美苑「你、你好。母亲一直承您关照,非常感谢」说完她低了低头

我  「关照什么的没有这回事」

我  「只是孩子去学习,在等待的这段时间陪伴了一下而已」

小美苑「・・・最近,母亲稍微恢复了些精神,我很开心」

小美苑「我想你也知道,在父亲发生了那种事情之后・・・」

 

オレ「・・・」さすがに反応ができない

ミソノ「小ミソノ、やめなさい。ごめんね、オレくん」

オレ「いいんですよ・・・それより、小ミソノちゃんって可愛いですね」

オレ「学校でもモテモテじゃないのかな?」

我 「・・・」果然就算是我也不知该如何回答

美苑「小美苑,别这样。抱歉啊,我君」

我 「没事啦・・・话说,小美苑很可爱呢」

我 「在学校里也很受欢迎吧?」

 

オレは雰囲気を変えようとバカな話を振ってみた。

为了切换氛围我扯起了半开玩笑的话题

 

小ミソノ「やだぁ~、オレさんったら~」少し目が潤んでいるようにも思える。

ミソノ「小ミソノちゃん、どうなのぉ~」同様だ。

小美苑「讨厌啦~我桑真是的~」感觉眼睛好像有些湿润

美苑 「小美苑酱,到底怎样啦~」同上

 

そんな感じで、なんか言いようのない重さを引きずりながらも

とりあえず表向きの雰囲気は戻ったようだ。

就这样,虽然仍有一种难以言喻的沉重空气漂浮在周围

但总之从表面上看氛围是恢复了

 

22:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 01:10:22.24 ID:mLbuWsMi0

それからの“土曜の会”はミソノだけでなく、小ミソノも同席することになった。

在那之后的「周六之会」不止是美苑,小美苑也变得开始同席

 

小ミソノの試験の結果を話したり、進路の相談を受けたり、時には恋バナとかもあってなんだか以前よりも楽しかった。

オレは小ミソノと会話していると、まるで自分が高校時代に戻ったような気がして、

なんだかミソノとの甘酸っぱい思い出が蘇るというか、過去をリプレイしているような気持ちになっていたのだ。

互相聊一聊小美苑成绩的话题啊,接受些关于将来进路的咨询啊

有时还会聊到一些恋爱方面的话题,总感觉比以前过得要开心了点

我在和小美苑聊天时,有一种自己仿佛回到了高中时代那样的感觉

不知该说是和美苑酸酸甜甜的回忆又复苏了好呢还是

总之有一种好像重播了一次过去那样的感觉

 

23:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 01:12:19.53 ID:mLbuWsMi0

この時のオレの感覚だけど、ミソノとはもう完全に終わっていることは理解していたし、

これから、どうにかなるものではないとお互い思っていたと思う。当たり前だ。

这个时候的我,内心理解和美苑早就已经完全结束了

在这之后也是,双方应该都知道不可能有什么结果。这是理所当然的

 

ミソノはご主人を亡くして心細かったところに都合よくオレが現れた上に、娘の相談相手に

なってる現状を少しの間だけ続けたいとか思っていたのではないかと。

我想美苑应该只是对于丈夫去世在内心变得不安之时刚好我出现

以及女儿有了个聊天对象的这个现状

就算时间短暂也好想让它再多持续一段时间而已吧

 

24:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 01:13:33.82 ID:mLbuWsMi0

ところが、小ミソノは何か違った。

然而,小美苑好像有点不一样

 

なんというか・・・子悪魔的にオレを篭絡するような雰囲気だったのだ。

俺は、小ミソノが母ミソノとオレをくっつけようとしていると、その時は思っていた。

该怎么说呢・・・有点像是搞些小恶魔的动作,想拉拢我那样的氛围

那时我心想,小美苑应该是想撮合美苑和我吧

 

例のカチューシャも、どうやら昔の俺がミソノにプレゼントした実物みたいだ。

よく、そんなモノが残っていたと感心すると同時に、知ってか知らずかソレをオレと

初めて会う時に着けてくるあたりが怖かったりする。

那个发箍,好像也是以前的我作为礼物赠送给美苑的实物

在为真亏那种东西能保留下来而感到佩服的同时

也对在初次见面若无其事将那个拿出来利用的地方,感到有些恐惧

 

女の勘ってのは鋭い。

女人的直觉还真是敏锐

 

26:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 01:17:36.44 ID:mLbuWsMi0

俺としては、今の家庭を壊す気は全くないし、ミソノ一家を受け入れる度量も資力もナイのが

正直なところであった。

从我的角度说,我完全没有破坏现在家庭的打算

就算从现实讲,也没有接受美苑一家的度量以及经济能力

 

それに、“土曜の会”は永遠に続くわけではない。

どんなに長くても、数ヶ月後の3月には末っ子がその教室を卒業することになるからだ。

となると、携帯番号もメールも交換していない俺と彼女の関係はそこで終わる。

而且,「周六之会」也不可能永远持续下去

就算时间拉得再长,几个月后的3月,孩子都会从那间教室中毕业

这样一来,无论是手机号码或是邮箱地址都没有交换过的

我和她的关系就会在那时结束

 

まあ、彼女側はその気になれば生徒名簿から俺の住所も連絡先も調べることが可能ではあるわけだが。

嘛,她那边如果真有那个打算的话

倒是可以通过学生名册那调查到我的住处以及联系方式

 

う~ん・・・

嗯・・・

 

27:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 01:19:02.85 ID:mLbuWsMi0

それから、しばらく経った頃

在那之后又过了一段时间

 

いつもの平穏な日常があった。

変わり映えのしない毎日。家と職場の往復。

“土曜の会”の存在は少しだけ非日常の空気があり、俺は楽しみだった。

でも、家庭を裏切るようなことはしていないし、やましいことは何もない。

俺はそんなふうに考えていた。

是一如既往的平稳的日常

每天那一成不变的景色,家与公司之间的往复

只有「周六之会」的存在有种非日常的空气,我对此很期待

但是,并没有做过背叛家庭的事,我问心无愧

那时我是这么想的

 

そんなある日。

オレは会社で某テーマパークのペア優待チケットをもらった。

帰宅後、ヨメにチケットの話をした。

就在那当中的一天

我在公司里得到了某主题公园的双人优惠票

回家后,我对妻子提到了票的事情

 

29:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 01:22:38.46 ID:mLbuWsMi0

オレ「今日、会社でこんなモノをもらったよ」

ヨメ「へぇ~、優待券なのね。でも行けないわよ」

オレ「なんで? それくらいのお金ならなんとかなるよ」

我「今天,在公司里拿到了这种东西」

妻「喔~是优惠票啊,但是去不了噢」

我「为什么啊? 这种程度的钱还是有的吧」

 

ヨメ「お金じゃないの。上の子はどうするのよ。あの子は絶対来ないわよ」

(上の子は絶賛反抗期中なのである)

オレ「そうだよなぁ~」

ヨメ「残念だけど、誰かにあげたら~」

妻「不是钱的问题啦。最大的孩子打算怎么办啊,那孩子绝对不会来噢」

(老大正处于绝赞反抗期中)

我「也是呢~」

妻「虽然很遗憾,送给别人怎么样~」

 

というと、いかにも興味がない様子で台所へ消えていった。

まあ、これが現実なんだろうが・・・なんだか味気ないな・・・

这么说完,她一副没有兴趣的样子消失在了厨房之中

嘛,这就是现实吧・・・总感觉有些无趣啊・・・

 

で、土曜日。

然后,在星期六

 

31:名も無き被検体774号+: 2012/09/06(木) 01:23:56.15 ID:Jbb6I5rg0

>いかにも興味がない様子で台所へ消えていった。

いい嫁だな!

>她一副没有兴趣的样子消失在了厨房之中

好妻子!

 

32:台風29号 ◆Tp9piHFiRU : 2012/09/06(木) 01:24:22.83 ID:mLbuWsMi0

いつものように末っ子を教室に預けると、いつもの喫茶店でミソノと小ミソノが待っていた。

オレは早速チケットを取り出すと

当我一如往常将孩子置于教室,来到咖啡厅时美苑和小美苑已经在等着了

我马上拿出了票

 

オレ「こんなの貰ったんだよ」

ミソノ「へぇ~、優待券なんだ~」

小ミソノ「えっ、スゴイじゃん! あたしここに行きたかったんだっ!」

小ミソノ「ねぇねぇ、一緒に行こーよっ!」となぜかオレを見る

我  「我拿到了这个噢」

美苑 「喔~是优惠票啊~」

小美苑「诶,好厉害不是吗! 我一直很想去这里噢!」

小美苑「呐呐,一起去啊!」在这里不知为什么看向了我

 

オレ「ちょうど2枚だし、お母さんと二人で行っておいでよ」

ミソノ「そうね。小ミソノちゃん、休みを取るから一緒に行きましょう!」

小ミソノ「うん・・・」

我  「正好是两张噢,和母亲两人一起去吧」

美苑 「是呢,小美苑酱,我可以请假所以一起去吧!」

小美苑「嗯・・・」

 

一瞬、小ミソノが不機嫌な顔をしたような気がしたが、すぐに笑顔になったので

オレは気にしないことにした。

虽然感觉小美苑一瞬间浮现出了不高兴的表情,但因为马上就恢复了笑容

所以我决定当作没看到

 

ところが翌週の土曜日・・・

然而,在下周的周六・・・

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
  1. 洛洛洛洛洛克

    缺少了父爱以想弥补吧

    2015年11月29日 12:25 回复
  2. 虽然感觉小美苑一瞬间浮现出了不高兴的表 情,但因为马上就恢复了笑容 所以我决定当作没看到。笑了

    2015年7月23日 07:30来自移动端 回复
  3. 很精彩啊[嘻嘻]

    2015年5月27日 18:57来自新浪微博 回复
  4. mousoukyou

    第一人稱不知不覺從私換成了あたし……真是熱情奔放的孩子啊

    2015年5月27日 18:28 回复
  5. ringo

    这种情况、真不好说啊、不理美苑关系会尴尬吧、理了的话、势必关系会变好吧(´・ω・`)、小美苑是不是受到了妈妈撮合关系的引导、或是她本来就希望楼主和妈妈在一起、不过楼主你还能脱身吗(´・ω・`)

    2015年5月27日 18:14来自iPhone 回复
  6. m

    遊樂園的雙人票一直都是各種愛情劇的交點……

    2015年5月27日 16:35来自移动端 回复
  7. 龙月

    男主一直强调没做对不起家庭的事情。。我觉得 男主太渣了。

    2015年5月27日 10:451 回复
  8. 果然是,上一代的遗憾这一代来实现么,虽然男方还是上一代就是了

    2015年5月27日 10:30来自新浪微博1 回复
    • 单纯的萝莉控

      又要变成萝莉控的故事了吗? 好期待的样子

      2015年5月27日 15:20 回复
      • 炤炤穆穆

        应该是大叔控的故事。。。

        2015年5月27日 18:03来自移动端 回复
    • 我也不知道id取什么好

      为什么不撮合儿子和对方女儿呢。。。

      3月21日 18:31 回复
返回顶部