15May

『中篇故事・2ch』写一下我九年来对病娇的抗争史(一)

时间: 2015-5-15 分类: 写一下我9年来对病娇的抗争史, 奇葩事迹 作者: lu

TAGS: , , ,

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1368292350/


 

目录 下一章

 

9年間に渡るメンヘラとの戦いを書いていく

写一下我9年来对病娇的抗争史

 

lu:严格来说将メンヘラ翻成病娇不太恰当,但实在找不到别的好词形容

本文的メンヘラ的印象和病娇还是比较贴切的,所以就直接翻成病娇了

 

1:名も無き被検体774号+: 2013/05/12(日) 02:12:30.12 ID:gRlmCOqV0

少し長くなりそうだが、やっと決着がついた。

愚痴のようなものだが、聞いてくれ。

虽然讲起来可能会比较长,总算是有了一个结果

都是一些牢骚一样的内容,如果肯听我讲我会很高兴的

 

2:名も無き被検体774号+: 2013/05/12(日) 02:21:56.68 ID:gRlmCOqV0

人がいないか・・・。

需要はないかもしれんが、だらだらと書いていこう。

没有人吗・・・

虽然或许没人想看,但我还是写写

 

始まりは俺が高校二年のころだ。

俺はバスケ部に所属していたんだが、やつも女子バスケ部に所属していた。

便宜上、やつをAとする。

事情的开端是在我高二的时候

我当时是篮球社的,那家伙也是女子篮球社的一员

为了方便,接下来称那家伙为A好了

 

Aは当時高校三年生で引退を間近に迎えており、かなりかわいい部類に入る女の子だった。

かわいい系というべきか、身長は低くてよく笑う子だった。

部活内どころか、学校内でも有名な方だったのではないだろうか。

A当时已经是高三,已经接近该隐退的时期,属于相当可爱的女孩子

不知用可爱系来形容恰不恰当,反正是身高比较矮,很爱笑的孩子

我想别说是在社团内,就算在整个学校也是很有名的人吧

 

とにかく俺を含めた男子バスケ部員にとっては憧れだった。

俺の高校ではバスケ部は男女でコートをハーフで分けて使っていたから、練習中に目が合うことなんてザラだったんだが、それだけでも優越感に浸れたものだった。

そして、ある日Aからメールが入ったんだ。

总而言之,当时包括我在内的男子篮球社成员在内,对她都抱有一种憧憬

在我的高中里面,男女篮球社各占用一半球场

所以在练习中对上视线也是常有的事情

虽然只是这种程度的事情而已,但就算这样我对此也很有一种优越感

然后某一天,A给我发来了短信

 

3:名も無き被検体774号+: 2013/05/12(日) 02:26:19.70 ID:gRlmCOqV0

当時、俺はAのアドレスなんて知らなかったが、突然メールがきた。

俺と同じクラスのバスケ女子バスケ部員に聞いたと言っていたが、今になって考えればそれの真偽も定かではない。

俺はがたいが良く、体格の良い男性が好きだというAは俺に好意を抱いているらしかった。

当时,我明明不知道A的短信邮箱地址,却收到了她的短信

她说是从我同班的女子篮球社的成员那听来的

但现在想想那件事情的真伪并无从确定

好像是以喜欢身体健壮,体格好的男性为由,A对我抱有好意

 

まあ、それだけかわいい女の子が俺に好意を抱いているんだ。嬉しいよな。

そこからメールをしていくうちに仲は深まって、ついに俺は告白した。

「一生、大切にしてくれる?」Aはそう言ったのを確かに覚えている。

これは完全にフラグだったんだな。

嘛,知道了这么可爱的女孩子对我抱有好意,那当然是开心得不得了

然后在互通着短信的期间关系越来越好,我终于乘势告白

「能够爱惜我,一辈子吗?」记得A当时确实是这么说的

这已经完全是flag了吧

 

4:名も無き被検体774号+: 2013/05/12(日) 02:29:12.44 ID:0n2U/GPQ0

んでんでんでー

然后呢然后呢

 

5:名も無き被検体774号+: 2013/05/12(日) 02:30:31.68 ID:gRlmCOqV0

それから、一緒に帰るようになった。

俺は自転車通学でAは電車通学だったから、学校から少し離れた駅まで自転車を押しながら歩いて帰った。

そして、付き合って二か月たったころからだろうか。Aの奇行が始まった。

最初は、俺が同級生の女子バスケ部員と話していたとき。この同級生はBとする。

在那之后,我们开始一起放学回家,我是骑自行车A则是坐电车去学校

所以我开始每天都推着单车陪着她走到离学校不远的车站

然后,在开始交往约2个月左右的时候,A的怪异行动开始了

最开始,是我在和同级生的女子篮球社社员说话的时候,以下简称为B

 

Bはそんなにかわいい子ではなかったんだが、同じクラスで部活も一緒ともなればある程度仲が良くなるのは当たり前だよな。

帰り道、その子とは仲が良いのかと聞かれた。

嫉妬されてるんだなとなんとなく感じた俺は、「たまに話す程度だよ」と答えた。

そのときは笑って「そっか」と言われたんだ。

B并不是那么可爱的女孩子,但毕竟同班社团也相同

有个适度的良好关系那是理所当然的

然后在回家路上,A问我和那孩子关系好不好

微微感觉这是在嫉妒的我,回答说是「只是那种偶尔会说上一两句的程度」

然后那时她只是「是嘛」这么笑着回答道

 

6:名も無き被検体774号+: 2013/05/12(日) 02:30:38.62 ID:7FUy0t/S0

寝ないで、完結させられるなら見る

不要睡,一直线完结的话我就看下去吧

 

7:名も無き被検体774号+: 2013/05/12(日) 02:32:09.73 ID:gRlmCOqV0

>>6

今日中にさせるつもりではあるが、朝になるかもな。

>>6

虽然本来就打算在本日内完结,但时间可能要到早上了

 

そして次の日、Bの上靴がなくなったと問題になった。

俺は特に気にせず、かわいそうだなくらいにしか思ってなかった。

そして、Bに不幸の手紙のようなものが届きだした。

然后第二天,发生了B的拖鞋消失不见了的事件

对此我并没有特别在意,只是怀抱着真可怜啊这种程度的感想吧了

紧接着,B的鞋箱里开始收到不幸的信纸

 

不幸の手紙というよりは「殺す」とか、「不細工が」みたいなことをノートに書かれてそれが靴箱にあったりしたようだ。

それは段々エスカレートして、ひどい日は猫の死骸が見つかったこともあった。

この時点でも、俺は仲の良いBにそんな嫌がらせがあるなんてと辛い気持ちにはなっていたが、Aとの関わりは全く気付かないでいた。

そして、Bは学校に来なくなった。

AはBがそんなことになって本当にかわいそうだと言っていた。

与其说是不幸的信纸,不如说是写上了「杀了你」、「丑女」之类的小纸条

然后这些现象逐渐升级,在比较过分的日子还能在鞋箱里发现猫的死尸

在这个时候,我虽然对和关系好的B被这么欺负感到有些难受

但完全没注意到这事和A的关联

然后最后,B开始不来学校了

A也说B变成这个样子,真的是好可怜啊

 

8:名も無き被検体774号+: 2013/05/12(日) 02:35:01.96 ID:XMcwqcYBO

9年間てスゴいな

9年什么的好厉害啊

 

目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
  1. 看得我后背发凉。。。

    2015年6月20日 15:16来自新浪微博1 回复
  2. takumi

    女人真可怕,Lu我们搅基吧[ali坏笑]

    2015年6月3日 15:112 回复
  3. 炤炤穆穆

    现实中竟然真有这种人啊

    2015年5月15日 18:24来自移动端3 回复
  4. mousoukyou

    文章發了兩遍,重複了
    看得出來後面的是修正過的

    2015年5月15日 13:11 回复
    • lu

      =_=真的诶,感谢指出!

      2015年5月15日 13:13 回复
返回顶部