30Mar

『中短篇故事・2ch』我的班里有一个偶像(完)

时间: 2015-3-30 分类: 我的班里有一个偶像 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1369393299/


 

提示:如果您是第一次阅读,请点击第一章。想看之前的章节,请点击目录

 

上一章 目录 

 

60:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:15:15.29 ID:DPT4Cjiz0

「君はどうして人を殺してはいけないか知っているかい?」

白衣を着た男が僕に問う。

どうやらこれはカウンセリングの一部らしい。

「你知道为什么不能杀人吗?」

穿着白衣服的男人对我这么问道

看来这是咨询辅导的一个环节的样子

 

警察に出頭して事は思うように運べた。

警察官に問われたことを答え、

その度に価値観の相違を訴えた。

被带到警察局这件事跟我所希望的发展一样

每每回答警官问的问题时

都回答说是价值观的不同

 

あくまで精神の異常を見られないようにして。

そんなことをしてしまっては罪を償えないから。

償ったとしても、償いきれないだろうけど。

例え殺されたのがゴミだろうとクズだろうと、人は人だ。

至始至终要坚持自己精神上并没有异常

因为就算是欺瞒过去,犯下的罪也无法偿还

就算想还也还不完吧

就算被杀掉的是垃圾也好、人渣也好,人类终究是人类

 

結局、精神鑑定の必要有りと見られ今に至るらしい。

僕はここで精神に異常がないことを示さなければならない。

结果,说是有必要做精神上的鉴定于是才有了现在的场面

我在这里必须呼吁我在精神上并没有问题

 

「法律とか、道徳とか、ですか?」

「うん、そういうことだね。

でも君は人を殺してしまった。

聞かせてもらってもいいかな?」

「是从法律之类的,道德之类的角度说,吗?」

「嗯,就是这么一回事情

 但是你杀了人

 能让我听一听吗?」

 

「だって先生、人を殺したら人が死ぬなんて、

誰が決めたんですか?」

「殺したら死ぬのは生物の宿命だよ?」

「でも、人間が生物だなんて、

殺してみないとわかりませんよ」

「ふむ、そうか……」

「因为啊,医生,杀了人人就会死,

 这是谁决定的呢?」

「杀了的话就会死这是生物的宿命噢?」

「不过,关于人类是不是生物这一件事什么的,

 不杀杀看的话怎么知道呢」

「唔姆,是这样吗……」

 

61:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:16:04.64 ID:DPT4Cjiz0

その後もいくつかの質問を受けた。

その度に医者はカルテにメモをしていく。

やけに作業的だと感じた。

在那之后又回答了几个问题

每当我做出回答时医生都在病例上写上什么东西

很有一种例行公事的感觉

 

そもそも、人を殺した時点で一定の異常者なのに、

どうして異常かどうかを判断する必要があるのだろう。

原本说起来,一个人在杀了人那个瞬间开始已经算是一定的异常者了

为何还要特意去判断是否有异常呢

 

異常なら正しくて、

正常なら間違ってて、

それって本末転倒のような気がする。

如果异常的话就是正确的

正常的话就是错误的

感觉这实在是有些本末倒置

 

結果的に僕の思う通りに進んでよかった。

それはひとえに勉強の甲斐あってのことだ。

ここ二ヶ月、ネットで殺人鬼に関する情報を調べまわった。

从结果上说,按照我所希望的去发展真的是太好了

可以说不枉费我认真地研究了一番

在这两个月内,我在网络上调查了很多关于杀人魔的资料

 

結局、僕は精神に異常はなしと判断された。

ただし常識的な概念が不足していると。

それを補うために今回の犯行に及んだのは、

極めて正常な思考能力だと。

结果,我被鉴定为精神上没有异常

只不过因为常识性的概念不足

为了完善这一点所以才有了这次的罪行

这一切都是在极度正常的思考能力下进行的

 

これでいい。

それでいい。

嗯,这样就好

这样就可以了

 

62:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:16:29.43 ID:DPT4Cjiz0

判決を受けた僕は外に出るや否や沢山のマスコミに囲まれていた。

目も眩むフラッシュに暴風のような質問。

中には野次も混じっていて、死ねだなんだと口うるさい。

接受了判决的我在出警局的一瞬间就被大量的新闻媒体包围

沐浴在了让人目眩的闪光灯以及像是暴风一般的问题之下

在那之中也有各种喝倒彩的人,说什么去死什么的真的是让人烦躁

 

僕が今回のことで謝らなければならないのは、

両親に対して他ならない。

多分、引越しせざるを得ないはずだ。

というか離婚してしまうかもしれない。

その後も生きづらいと思う。

我对于这次做的事情不得不道歉的对象

除了我的父母之外就没有别人的

估计,他们已经不得不搬家了吧

不如说很有可能会离婚

在那之后的日子恐怕也很难熬吧

 

謝っても許されないことだ。

世の中には、そういうことだってある。

だから僕は後悔していない。

这是无论道歉多少次都无法得到原谅的行为

在这个世界上,这样的情况也是有的

所以,我并没有感到后悔

 

手錠をされた僕は警察官に引っ張られて進む。

頭に深くかけられたコートは未成年のうんたら、だっけ。

ここまで注目を浴びるとは予想外だったけど、

なにがそこまでセンセーショナルなのだろう。

被铐上手铐的我,像是被警官拖拉着一般前进着

被深深披上的那个大衣,是未成年专用的那个啥吗

虽说会受到这么大注目真的是超出了我的意料

到底有什么因素在里面才造成了那么大的轰动呢

 

「どうして二人も殺したんですか!? 死体は酷い有様だと聞いてますよ!」

記者の声が一つ聞こえた。

どうして? どうしてって、それはもちろん。

「为什么连续杀了两个人呢!?我听说尸体的模样很凄惨噢!」

听见了某个记者的声音

为什么? 要问为什么的话,那当然是

 

63:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:16:50.97 ID:DPT4Cjiz0

 

 

 

 

 

「殺したら!

死ぬのか!

知りたかったんだ!」

「杀掉的话!

 是不是就会死呢!

 就是想要知道这一点罢了!」

 

 

 

当たり前だけど、僕はすぐに取り押さえられた。

当然了,我很快就被制服了

 

 

 

64:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:17:15.04 ID:DPT4Cjiz0

■五年後

■五年後

 

「お世話になりました」

深く頭を下げて感謝を言う。

この五年、想像以上の過酷さに自殺すら考えた。

だけど、なんだかんだで生きている。

「给你们添麻烦了」

深深低下头,我说出了感谢的话语

这五年的生活比我想象地还要严酷,连自杀这种事情我也考虑过

不过,总算还是活了下来

 

生きてしまって、いるんだろうか。

不过,这究竟能不能算得上是活着,呢

 

監獄の外は吹雪いていた。

当然、出迎える人なんて一人もいない。

この先どうやって生きていこうか。

頼りにしてみるといいと言われた人を訪ねてみるか。

监狱的外边正下着雪

当然,出来迎接我的人什么的一个也没有

在这之后,到底该如何生活下去呢

去找一下被说是能够拜托的那个人试试看?

 

真冬の寒さで耳も切れる。

五年ぶりの外は、真っ白な世界だった。

隆冬的严寒,仿佛要把耳朵给切开那般寒冷

久违五年的外头,是一片雪白的世界

 

「あの」

「那个」

 

声がしたので辺りを見回す。

どうやら俺しかいないらしい。

こんな辺鄙なところで迷子だろうか。

振り返って、一目で誰だかわかってしまった。

因为听见了声音,所以望了一下周围

看起来只有我自己的样子

在这么偏僻的地方也会有人迷路吗

转过头去,一眼就明白了那是什么人

 

65:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:17:40.73 ID:DPT4Cjiz0

「佐藤さん、ですよね」

「違います」

「でも、今日出所されるって、聞きました」

「是佐藤桑,没错吧」

「妳找错人了」

「但是,我听说是今天出狱的」

 

誰に聞いたのか、教えた人を問い詰めたい。

どうして彼女がこんなところにいるのだろう。

ろくな考えが浮かばない。

到底是从谁那里听来的,真想盘问一下告诉她这件事情的人

为什么她会跑来这种地方呢

脑子里实在是没有一个好预感

 

「……どなたですか?」

「私です。中学の頃、同じクラスで、芸能活動していた」

「……请问妳是谁呢?」

「是我啦,初中的时候,在同个班里,从事演艺圈活动的那个」

 

伏し目がちな表情にぐっとくる。

覚えてないわけがなかった。

名前も忘れたことがない。

忘れられるわけがない。

整颗心被她低着头的表情箍得直发疼

并没有忘记

名字当然也没有忘记

怎么可能忘记

 

「さあ、覚えてないですね」

「そう……ですか」

「撒,我已经不记得了呢」

「是……嘛」

 

でも、それを知られては意味がない。

なんのためにサイコパスを演じたことか。

不过,被她知道了这些那,我做的事情岂不是毫无意义

我到底是为了什么才装出是自己是一个反社会人士的样子呢

 

66:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:18:38.15 ID:DPT4Cjiz0

「でも、言いたいことがあるんです」

「はあ」

「ありがとうございました」

「但是,有一句想要说的话」

「哈啊」

「非常感谢」

 

それほど胸に突き刺さる言葉はなかった。

なんらかの方法で知ってしまっているのか。

或いは、想像して行き当たってしまったのか。

没有比这更能刺中心坎儿的话语了

是通过什么样的方法得知了这件事吗

还是说,只是单纯凭借想象去猜测的呢

 

考えてみれば単純なのだ。

一般的には理由もなく殺された二人。

けれど、彼女にしてみれば二人は見知った人物だ。

その二人が一日で殺された。

不过好好想想的话,事情实在是单纯至极

并没什么特别的理由,就这么被杀害的两人

然而,从她看来两人都是认识的人物

那两人在同一天被杀害

 

しかも一人はあの廃ビルで。

なんて馬鹿なことを。

今にして考えればあの廃ビルを使えば、

知られてしまうようなものじゃないか。

而且有一个人还是在那栋废楼被杀害的

我真是做了蠢事啊

现在想想在我将那栋废楼定为行动的时间点开始

不是已经相当于注定会被知道了吗

 

それでも。

不过就算这样我还是

 

「なんのことです?」

「……わからないなら、いいです」

「到底指哪件事呢?」

「……如果不知道的话,就算了」

 

67:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:19:31.24 ID:DPT4Cjiz0

「佐藤さんに渡したいものがあるんです」

さっさとこの場を離れてしまいたい。

すぐにでも逃げだしてしまいたい。

だけどそうもいかないだろう。

「有一件想要交给佐藤桑的东西」

好想快点逃离这个地方

就算是立刻,也想快点逃离这个地方

不过这是做不到的吧

 

「まず、これ」

「これは……写真? 仲が良さそうですね」

「はい。友達に頼まれました。会うなら渡してきてほしいと」

「首先是,这个」

「这个是……照片吗? 关系看上去很要好的样子呢」

「是的,这是被朋友拜托的,说是见到了的话希望能够交给他」

 

そこには仲良く肩を並べ合い、

ピースを作る二人の女性がいた。

もちろん、聞かなくてもわかる。

在那里的是要好地并排站在一起的

做出了V型手势的两个女性

当然,她们是谁不必提你也知道的

 

「あと、これ」

「……これは」

「友達に貰ったんです。佐藤さんが持っていたものだって」

「然后,这个」

「……这是」

「这是从朋友那拿到的,说是佐藤桑的东西」

 

それはどこかで失くしていたと思っていた『灰色の街』だった。

ということはあの日、公園に置いてきてしまったのだろう。

それにしてもなんでこれを彼女に……。

那是我以为落在了什么地方的『灰色的小镇』

也就是说,那一天这本书上丢在公园里面了吗

不过话说回来为什么要把这东西交给……

 

「友達は言ってました。彼は悪くない、って」

「朋友对我说了,他并没有错,这样」

 

そういえば、確かにそんな約束はしていない。

だけど気持ちを汲むとかそういうことをしてくれても……、

いや、当時は中学生だったのか。

そんな考えには至らないかもしれない。

这么说来,确实没跟她定下过不要做这种事情的约定

只不过,在那里应该考虑一下我的心情就算做这种事情我也……

不,当时只是初中生吗

可能想不到这么多吧

 

68:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:20:24.47 ID:DPT4Cjiz0

「佐藤さん、この本の結末がどうなるか知っていますか?」

「はい」

「佐藤桑,这本书的结局是怎样的你知道吗?」

「是的」

 

獄中で読んだ。

少女のために少年は色を世界にぶちまけた。

そこは童話らしく、ペンキをぶちまけるように。

我在监狱里头读过了

为了少女,少年将颜色布满到了整个世界

方式的话则跟童话的风格一样,像是到处涂满油漆那般

 

たちまち世界は色づいて、少女は晴れて自由の身となった。

しかし少年は禁忌を破ったとして捕まってしまう。

少年は、こんなに綺麗な世界なのになにがいけないんだと怒鳴りつけた。

大人たちはそれに答えられなかった。

いけないことの理由を知らないからだ。

转瞬间,世界沾满了颜色,少女也可喜可贺的变成了自由之身

只不过少年因为打破了禁忌而被逮捕

少年怒骂着:这么漂亮的世界到底有什么地方不好了

大人们并没能回答这个问题

因为他们也不知道为什么

 

少年には極刑が与えられるが、少女の手によって脱走する。

そして二人は色の煌く世界で虹の架け橋を渡り、

二人だけの居場所を求めて旅に出る。

少年虽然被处以了极刑,但还是经由少女之手逃脱了出去

然后两个人在这五彩缤纷的世界中,越过了彩虹桥

开始踏上了寻找只属于两人的归宿的旅行

 

「なんとも言えないラストでしたね」

「そうですか? 私は好きですよ。

二人が手を取り合って、世間の目を知りながら、

生きていこうと決意して」

「真的是不好评价的结局呢」

「是吗?我倒是很喜欢噢

 两人手牵着手,明知道有世人的眼睛在看着

 但还是做了一起生活下去的决意」

 

それがどういう意味なのかと勘ぐってしまう。

だからこそ必然的に沈黙が流れた。

本の言葉を借りるなら、俺の世界はもう灰色なのだ。

真的是很耐人寻味的一句话

正因为如此,接下来流淌的必然是沉默

如果借用书里的话的话,我的世界已经是灰色了

 

69:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:21:24.46 ID:DPT4Cjiz0

「それより、過去の人達がどうして色を封じたのか。

佐藤さんはわかりました?」

「比起这个,过去的人们将颜色封了起来

 佐藤桑知道那是为了什么吗?」

 

それこそがこの本の問いかけだ。

なぜ、綺麗であるはずの色を封じなければならなかったのか。

这才是这本书的留给读者的问题

为什么,明明是漂亮的颜色却不得不封印起来呢

 

「綺麗な物があるのなら、汚い物もあるからでしょう」

「是因为如果有漂亮的事物在的话,反过来也有肮脏的事物在吧」

 

彩れば世界は綺麗になる。

しかし代わりに浮き出るのは汚い物だ。

光が差せば影があるように。

世界は綺麗事ばかりじゃない。

如果给世界涂满颜色的话世界会变的漂亮起来

然而反过来肮脏的事物也同样会显现出来

就像是有光亮的地方必然有影子存在那般

世界上并非只存在美好的事物

 

彼らはそれらを封じ込めた。

綺麗な物よりも、汚い物を目にしたくないから。

他们将这些封印起来了

比起看见漂亮的事物,他们更不想看见肮脏的事物

 

「それなら、正しかったのはどちらでしょうか」

「如果是那样的话,正确的到底是哪一边呢」

 

そして、これが『灰色の街』の命題といえた。

然后,这个才是『灰色的小镇』的命题

 

70:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:21:56.99 ID:DPT4Cjiz0

「正しい、というのは相対的なものですから。

どちらが正しいかといのなら、どちらも正しいんじゃないですか?」

「煙に巻かないでください」

「正确,这个词是一种相对性的东西

 如果要问哪边正确的话,哪边都是正确的吧」

「请正面回答我的问题」

 

意思の強い瞳が俺を捉える。

そういえば彼女は強い女性だった。

她那拥有坚强意志的眼神,将我的身影牢牢地捕捉住

这么说来,她是一个很强的女性呢

 

「そうですね……」

「是呢……」

 

どちらが正しい。

それは確かに相対的だ。

決してさっきの答えは間違いじゃない。

だけど彼女はそんなことを聞いていない。

哪边是正确的

这确实是一个相对的问题

我刚才的那个回答绝不能算是错的

只不过,她想听到的并不是这种回答

 

俺という一個人にどちらが正しいのかと聞いている。

正しさは相対的でも俺は個人だ。

だから、俺はどちらかの正しさを持ち合わせている。

她想问的是我这个人认为哪边是正确的

就算正确是相对的,她想问的也是我个人的意见

所以,我必须要给出一个哪边是正确的回答

 

「きっと、正しかったのは……」

「我想,正确的一定是……」

 

71:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:22:57.36 ID:DPT4Cjiz0

ちらりと見やると彼女は震えていた。

これだけ寒いのだ、息も凍える。

それでも真剣に耳を傾けている。

それでも俺は真剣には答えない。

瞄了一眼,可以看见她正在颤抖

明明是这么的寒冷,呼出来的气体仿佛也会一瞬间被冻住那般

然而就算是这样,她还是认真地等待着我的回答

然而就算是这样,我还是没办法认真地回答她

 

答えてしまえばボロがでる。

張り詰めた線が切れてしまう。

これは交わらない物語。

俺と彼女が交わってはならない物語。

如果认真回答的话就会产生出一个切口

好不容易张开来的线,就会那么断掉

这是两条平行线的故事

是我跟她的,决不能产生交集的故事

 

ふと俺と彼女に糸が繋がって見えた。

言うまでもない、灰色の糸だ。

手繰り寄せれば近づくかもしれない。

距離が永遠に失くなるかもしれない。

忽然间,我看见了连接在我与她之间的线

不用说,那是一条灰色的线

如果往这边拉扯的话,她或许会接近过来

我与她之间的距离,或许会永远消失不见

 

「大人達ですよ。パンドラの箱と同じ原理。

そこに詰まっているのは希望だけじゃなく、

問題なのはリスクの大きさなんですから」

「是大人们噢,这跟潘多拉魔盒是同个原理

 因为蕴藏在这之中的并不只有希望而已

 更重要的是其中的风险之大」

 

それでも俺は、僕は、糸を優しく切り裂いた。

鬼を殺した呪いのナイフで。

就算是这样,我还是,轻柔地切断了这根线

用那把杀了恶鬼的诅咒的小刀

 

72:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:23:46.85 ID:DPT4Cjiz0

俺の答えに満足したのか、彼女は返事をしない。

俯いた瞳になにが写っているのだろう。

降り積もる雪になにを見出しているのだろう。

不知道对我的回答是不是感到了满足,她并没有回复什么

低下来那个瞳孔里,到底映照出的是什么呢

从那厚厚的积雪中,究竟发现了什么呢

 

長い時のようで短かった、

曖昧で公平な時間が過ぎて、

顔を上げた彼女は満面の笑みだった。

看上去很长的时间转眼就过去了

在暧昧之中,只有绝对公平的时间在不停流淌着

抬起头来的她,脸上露出来的是满面的笑容

 

頬が濡れているのは、きっと雪のせい。

脸颊上的湿痕,一定是因为雪造成的吧

 

「頑張って、芸能活動を続けます」

「我会努力,继续从事演艺圈的活动」

 

声がしわがれているのは、きっと寒さのせい。

沙哑的声音,一定是寒冷造成的吧

 

「本当に」

「真的是」

 

視界が滲んでいるのは、きっと……。

眼前的一切都变得模糊起来,一定是因为……

 

「ありがとうございました!」

「非常谢谢你!」

 

73:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:24:23.52 ID:DPT4Cjiz0

それは交わらない物語。

僕はアイドルのファンに過ぎなくて、

彼女を眺める一人の人でしかない。

这就是两个平行线的故事

我至始至终都只是一介偶像的粉丝

至始至终,都是眺望着她的人群当中的一员罢了

 

ハッピーエンドには程遠いけど。

そんな僕にも物語があって。

虽然远远算不上是Happy End

然后就算是这样的我,也有了故事

 

僕の世界は灰色で。

きっと彼女の世界は虹色で。

我的世界是灰色的

她的世界一定是彩虹色吧

 

彼女の虹になれたのなら、

まあいいんじゃないかなと。

能够成为她的彩虹

这不是已经很足够了吗

 

彼女のファンである僕の、

それが唯一の自慢だ。

这是作为她的粉丝的我的

唯一值得骄傲自豪的地方

 

 

74:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:25:23.83 ID:DPT4Cjiz0

どんっと人にぶつかったから、

大丈夫ですか? と声をかけた。

咚的一声撞到了一个人,

你没事吗? 向她这么询问道

 

その女性は雪に溶け込む髪をしていて、

鬼の形相で僕を睨んでいた。

那名女性有着一头融进雪天般的头发

以一种鬼的面孔瞪视着我

 

体の自由が効かなくなって不意に前へ倒れこむ。

腹部の呪いが一層増して痛みの中で憎悪が叫んでいた。

身体变得沉重起来,忽然间向前瘫倒了下去

插在腹部上的那个诅咒,在更深一层的疼痛中呼唤着憎恨之声

 

憎しみは黒く蝕んでいて、

流れる血もやはり黒い。

憎恨被黑色侵染

流出来的血果然也是黑色的

 

それなのに、

雪に染みたそれはどうにも、どうにも。

明明是这样

渗进雪中后的那个真的是、真的是

 

「……きれい、だな」

「……真美啊」

 

僕が彼女の虹となれたなら、

彼女は僕の虹だったのか。

如果我成为了她的彩虹

她是否也成为了我的彩虹呢

 

相対的なものだから。

あれも、これも、どれも、かれも。

因为无论什么,都是相对性的事物

不管是这个也好,那个也好

 

そうして世界は閉じていく。

そうして物語は幕を下ろす。

就这样,整个世界慢慢闭合

就这样,整个故事落下了帷幕

 

僕の交わらなかった物語に。

真っ赤な幕が下りていく。

两条平行线的故事

伴随着赤红色帷幕的下降,消失在了舞台之上

 

75:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:26:11.22 ID:DPT4Cjiz0

おしまい

読んでくれたならありがとう

暇潰しになったら幸いだ

感谢大家的阅读

如果能起到消磨时间的作用的话我会很高兴

 

76:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:27:53.72 ID:1MIqFkdP0

お疲れ

おもしろかったぞ

辛苦了

很有意思噢

 

77:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:32:25.47 ID:UepycHQV0

うん、面白かった。

嗯,很有意思

 

79:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 22:52:11.30 ID:McYM0f2L0

くそぉ、泣けるじゃねぇか(*^^*)

可恶啊,这不是都要哭出来了么(*^^*)

 

81:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 23:08:00.05 ID:BKQ2nHdxO

面白かったよ。でもせつないね(;_;)

很有意思噢,只不过有点悲伤啊(;_;)

 

85:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 23:38:34.91 ID:iTj/5UkT0

おもしろかったよ!

很有意思噢!

 

90:名も無き被検体774号+: 2013/05/25(土) 00:26:58.88 ID:u7m6ydh8P

とりあえず、最期だれが刺したんだ?

总之,最后是被谁干掉的啊?

 

91:名も無き被検体774号+: 2013/05/25(土) 01:58:10.45 ID:I7hvvI5h0

>>90

不良の親じゃないか?

雪に溶け込む髪→白髪とオモタ

>>90

应该是混混的母亲吧?

我想融进雪天般的头发→白发,应该是这样

 

96:名も無き被検体774号+: 2013/05/25(土) 07:10:23.23 ID:1y1jTQm/0

けっこうこういうの好き

挺喜欢这样的

 

92:名も無き被検体774号+: 2013/05/25(土) 02:00:17.29 ID:m4Bhh9db0

SSで久しぶりによかった

好久没看到中意的短篇创作了

 


 

lu:说实话,第一次看到结局,我只觉得男主很做作

为何要去亲自斩断通往幸福的可能性

不过,当我重新将整篇故事又看了一遍后

感觉终于能够理解男主在想些什么了

 

正如男主所说的,这是两条平行线的故事

男主的世界是灰色的,女主的世界是彩虹色的

女主最后找上男主,恐怕已经做好了抛弃她所拥有的一切的准备了吧

如果是童话的话,或许两人会一齐踏上寻找幸福之旅吧

 

然而,现实毕竟是现实

就算女主愿意为男主抛弃一切,不在意世人的目光和男主走在一起

男主也不可能原谅这种行为,看看男主至今为止的行动模式就知道了

男主始终贯彻着一点:比起自己的幸福,他更看重女主的幸福

 

一个偶像和杀人犯走在一起,世人会怎么看那是再明显不过的

包括班长那件事也是,他为什么不杀班长,其实班长才是罪魁祸首不是么

心里肯定是恨班长恨得不得了,但男主明白杀了班长只会让女主徒增悲伤

他所做的一切,说到底还是基于女主的幸福

 

因此,这是灰色与彩虹色的没有也决不能有所交集的故事

如果男主愿意的话,两个世界当然可以产生交集

然而,男主终究还是没有做出这种选择

因为他希望女主的世界永远都是彩虹色的

 

提示:整个故事已经完结了噢>_<

 

上一章 目录 

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
  1. 依音

    很好呢

    2016年5月18日 05:00来自移动端 回复
  2. 貧血

    幹…這衰毛故事餘韻好重….( グスン

    2016年3月25日 04:52 回复
  3. 有点白夜行的味道。

    2016年3月19日 13:54来自移动端 回复
  4. Shikino

    很像G线却因为一点点的差异走向不同结局的展开
    如果她不是偶像而是艺术家
    如果和偶像能有更多交流使得她拥有更坚定的决意
    如果能像京介一样拥有更强的能力来压下舆论
    如果…………

    该说BGM要是放的colse your eyes我真的有自信哭给你看
    不知不觉G线第一次通关到现在已经有6年了啊

    2016年3月17日 14:51 回复
  5. ANDYEX0734

    G弦上的魔王+1 …..最後結局讓我哭出來

    2015年8月9日 17:50 回复
  6. lucky-znk

    楼下是KF的么?ID略眼熟XD 看了别人的推荐来读此文(虽然似乎lu没在KF推这篇?),好强的既视感……男主是真爱啊

    2015年6月30日 21:38 回复
  7. waox

    即使是自身需求悲劇也會給讀者帶來莫名的享受呢QAQ

    2015年6月16日 08:25 回复
  8. 不能成为大老师的八幡

    最后的结局的开头让我想到了G弦上的魔王,前面让我想起某里番最后男主把所有男的杀掉的故事、、、、真的是个好故事啊

    2015年6月15日 12:24来自QQ 回复
  9. hentai

    真是个好故事啊,BGM又让我..

    2015年3月30日 22:08 回复
  10. 我妻有奶

    加上BGM感人max

    2015年3月30日 21:41 回复
  11. 233

    Lu感谢翻译!!

    2015年3月30日 19:56来自移动端 回复
  12. 233

    好偉大…

    2015年3月30日 19:55来自移动端 回复
  13. syc121

    求问背景音乐是什么?!

    2015年3月30日 19:43 回复
    • lu

      =_=某游戏的BGM,《素晴らしき日々~不連続存在~》

      2015年3月30日 21:13 回复
  14. 约束の地

    没看文章直接读 LU主的简评·····

    2015年3月30日 13:01来自QQ 回复
    • lu

      (´・ω・`)诶……

      2015年3月30日 14:56 回复
      • Kchan

        点评非常好哦赞一个

        2015年3月30日 17:19来自移动端 回复
        • lu

          >_<

          2015年3月30日 17:25 回复
返回顶部