22Mar

『中短篇故事・2ch』我的班里有一个偶像(五)

时间: 2015-3-22 分类: 我的班里有一个偶像 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1369393299/


 

上一章 目录 下一章

 

(lu:本章节略为血腥……注意谨慎浏览)

 

26:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 20:27:14.60 ID:DPT4Cjiz0

目的のゲームセンターは目の前だ。

ここに仲介人の不良はいつもいる。

この日も特になにをするわけでもなく、

ベンチに座り込んで携帯を弄っている。

目的地的游戏厅已经在眼前

在这里,中介人和混混一如既往的待在这里

那一天好像并没什么特别想要做的事情

只是坐在长凳上玩着手机

 

ここには友達と来ているらしく、

そいつはゲームに興じている。

だから一人になる時を見計らうのは簡単だった。

好像是和朋友一起来的

那家伙正在玩着游戏

所以想要看准他落单的时机还是很容易的

 

壁に隠れて胸に手を置く。

大きく息を吸い込んで、吐く。

もう後戻りはできない。

……よし。

躲在墙后,将手置于胸前

大大地吸入一口气,然后吐出来

已经无法回头了

……好

 

「あの」

「那个」

 

33:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 21:29:12.86 ID:DPT4Cjiz0

「あ?」

怪訝な顔つきで僕を睨む。

眼光が鋭く怯んでしまうが、

今日のために何度も頭の中でシミュレートしてきた。

「啊?」

他用诧异的神情瞪着我

虽然被其尖锐的目光所摄,不禁有些退缩了起来

不过为了今天这一天,我在脑子里已经练习过无数遍了

 

「実は、貴方のことが好きだっていう女の子がいて」

「お、おお? まじかよ」

「はい。同じクラスの子なんです。

声をかけたくても勇気がでないと言っていたので、

僕が一肌脱ぐことにしたんです」

「其实,有一个喜欢你的女孩子噢」

「噢、噢噢? 真的假的」

「是的,是我班上的孩子

 因为说没有向你搭话的勇气

 所以这里就由我来助一臂之力」

 

二ヶ月間、不良のたまり場を探っていただけじゃない。

遠くから眺めて、近くで聞き耳をたてて、

どれだけ仲介人が単純かなんて把握している。

在这两个月,我不单单是找到了混混聚集的场所而已

通过在远处的观察,以及在近处的偷听

这个中介人到底有多单纯这件事我已经把握到了

 

「そいつ、可愛いんだろうな」

「とびっきり。あ、写メ見ます?」

「準備いいじゃねえか。どれどれ……うおっ、いい女じゃねえかよ」

「那家伙,可爱吗」

「已经没办法再可爱了。啊,你要看看照片吗?」

「准备地挺充分嘛,让我瞧瞧……哇噢,不是很好的女人嘛」

 

その写メはネットで落としたインディーズアイドルの物だ。

よく見れば学生服はうちの制服じゃないけど、

やっぱりというか不良は気づかなかった。

那个照片是我在网上找的自由偶像的照片

如果仔细看的话就会发现那个校服并不是我们学校的校服

但不出意料地,混混果然没注意到

 

34:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 21:30:48.94 ID:DPT4Cjiz0

「それでですね、会って話をして欲しいんですけど」

「いいぜいいぜ。どこだ?」

「すぐ近くに廃ビルがあるんですけど、知ってます?」

「この辺ビルだらけだからわかんねえよ」

「じゃあ案内しますよ」

「然后啊,说是想要跟你面对面聊聊,你看……」

「好啊好啊,在哪里?」

「在这附近有一栋废楼,你知道吧?」

「这块地方的废楼多得要死,鬼知道是哪一栋啊」

「那我来给你带路吧」

 

仲介人は友達に事情を説明して、

実に簡単に釣れてしまった。

できることならあの廃ビルで事に及びたかったけど、

流石にそれは勘ぐられてしまうだろう。

まともに立ち会ったら僕に勝目なんてない。

中介人对他朋友说明了一下状况后

轻而易举地就上钩了,跟在了我的后面

虽然如果可以的话想带他去『那』栋废楼

不过那样肯定会勾起他的猜疑心的吧

如果面对面起冲突的话,我肯定没有胜算

 

「お前いい奴だな、そうだ、ジュース奢ってやるよ」

思わず紹介で稼いだ金で? と口を突きそうになった。

この不良を前にして平常心を保つことが難しい。

「你这人不错嘛,对了,我请你喝果汁吧」

差点忍不住脱口而出『用你赚来的那些介绍费?』

在这个混混面前,想保持平常心真不容易

 

結局、コーラを買ってもらったけど口に付けず、

歩いて五分の近い廃ビルに誘導する。

事前に鍵を壊しておいた七階の扉を開ける。

结果,虽然买了可乐不过并没有喝

将他诱导至了路途五分钟左右的废楼

来到七楼,打开了事先已经破坏过门锁的房门

 

35:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 21:31:29.29 ID:DPT4Cjiz0

「ここです、お先にどうぞ」

「どこだ、かわいこちゃん。っていねえじゃねえか」

「そうですね」

「就是这里了,请进」

「在哪里啊,可爱的女孩子,喂喂这不是什么人都没有么」

「是啊」

 

既に鞄から取り出しておいた改造スタンガンを浴びせる。

ぎゃっと悲鳴をあげた仲介人が奇妙に倒れた。

将已经从书包里取出来的改造电棍敲在了他身上

『呀——』发出这样悲鸣的中介人,以奇妙的姿势倒了下去

 

「お、おめ、ないすんが」

痺れて舌が回らないのだろうか。

けれど動く舌があるなんて贅沢だ。

スタンガンを舌に付ける。

「你,你这,做森么啊」

因为被电到麻痹所以口齿不清了吗

不过口舌还能动什么的,真是奢侈啊

将电击棍贴在了他舌头上

 

「やっ、やえでぐれえっ!」

「黙れ」

改造スタンガンの威力は充分だったようで、

萎縮した不良は泣きだした。

「不,补药这样!」

「闭嘴」

改造电棍的威力好像已经很充分了的样子

手脚蜷缩的混混哭了出来

 

「泣いてるのか? お前が? ふざけるな」

思いの丈を込めて空いた手で殴りつける。

あまり痛がってないようだった。

こっちの手の方が痛い気がする。

「在哭吗?你?开什么玩笑」

将体内奔走的激情释放出来,用空出来的拳头揍了上去

看上去好像并不怎么痛的样子

痛的不如说是我的手

 

馴れないことはやめとこう。

そう思って、僕は仲介人の目の淵に人差し指を突き入れた。

別にこれも初めての体験だけど、これなら間違いなく痛いはず。

不习惯做的事情还是算了吧

这么想着,我把食指插进了他的眼眶里

虽然这种事也是第一次做,不过如果是这个的话肯定会很痛没错

 

36:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 21:32:18.82 ID:DPT4Cjiz0

「た、たす、けて」

「彼女は助けてと言ってなかった? 泣きながら許してと言ってなかった?

それでお前は許したのか。許さなかったんだろう?」

「救……救……救命」

「难道她就没喊过救命吗? 没边哭边喊着饶了我吗?

 但是你有饶了她吗?没有吧?」

 

勢いよく眼球をほじくりだす。

がらんどうの室内に形容し難い悲鳴が響く。

乘势将眼球挖了出来

空旷的室内回响起了一种难以形容的悲鸣

 

「わかるか? お前は今、彼女のことで責められてるんだ。

彼女って、言わなくても解るよな?

それとも、解らないくらいに数が多いか?」

「あ……あい、どる、の?」

「そうだ。だからちゃんと謝るんだぞ、わかったな」

「わかり、ました。ごめんな、さい」

「知道吗? 你现在受到的这个折磨,是对『她』做过的事情的报应

 我所说的『她』,就算不特意说明你也懂的吧?

 还是说,数量已经多到不知道是哪个了呢?」

「是……是偶……像……的?」

「没错,所以好好忏悔吧,懂了吗」

「我……知道……了,对……不起」

 

それでようやく僕の気は済んだ。

仲介人に対しての憎しみがうっすらと晴れていく。

だけど首謀者の方はこう簡単に行きそうがない。

奴は不良のリーダーでもあるらしく、

一人になる時が極めて少ないのだ。

这样一来,我也总算是消了气

对中介人的憎恨,慢慢开始地变得薄弱下去

不过主谋者那边感觉应该没那么容易

他好像也有混混头儿的身份

独自行动的时候好像极端地少

 

一人になっても仲介人ほど簡単にやられてくれるかどうか。

それでも僕はやると決めている。

虽然不知道有没有中介人那么容易解决

但就算这样,我还是决定要做下去

 

「謝ったか?」

「は、い?」

「向她道歉了吗?」

「诶?」

 

37:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 21:33:16.21 ID:DPT4Cjiz0

「心の中で彼女に心底謝ったかって聞いてるんだ」

「はい! 謝り、ましたあっ」

「そっか」

「我是问你有没有打心底向她道歉!」

「有的!道歉……了」

「是嘛」

 

それを聞いて僕は安心し、スタンガンを鞄の中に仕舞い、

胸に巻いたホルダーから殺意の塊を取りだした。

听到这句话,我也放下心来,将电棍塞进了书包中

然后将被卷在胸前的那个象征着杀意的物品取了出来

 

「なっ、ひいっ」

「困るんだ。あの事に深く関わった奴が生きてるのは」

「ゆる、許して! 助けてっ!」

「什、呀啊」

「抱歉啊,让跟那件事情关联那么深的家伙活下来的话,我会很困扰」

「饶、饶了我!救命!」

 

両手で柄を握り締めて、

倒れた仲介人の背中に刃を突き刺す。

断末魔が轟いても無関係に、

抜いて刺してを幾度も繰り返した。

两手紧紧握住刀柄

将刀刃刺在倒在地上的中介人的背后

就算听到他临终的痛苦喊叫也依然无视

拔出来又刺进去,重复了不知道多少遍

 

何度目で死んでいたのだろう。

少なくとも目の前には死体があった。

息を止めて力を失くした肉の塊がそこにあった。

到底死了几次了呢

至少在我眼前的,已经只是一个尸体了

停止了呼吸,失去了力量的肉块正摊在那个地方

 

引き返せないことは解っていた。

後戻りできる道なんて途中で失くなっていた。

それでも僕は胃の中の物を全て吐き出した。

我知道自己做了无法挽回的事情

能够原路返回的道路,在途中已经全部消失了

然而就算是这样,我胃里的东西也还是全部吐了出来

 

想像を大きく越えて呆気なく訪れた。

人生は終わりを迎えたのだ。

这个时刻,来的比我想象得还要容易的多

一个人的人生,就这么迎来了终结

 

38:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 21:35:17.13 ID:DPT4Cjiz0

死体の残る室内にはボストンバックがある。

段取りをしていたので着替えなどもそこにあった。

返り血がべっとり付いてこれでは外を歩けない。

尸体残存的屋里,放置着一个手提包

因为早就事先准备好了,所以包括更换的衣服也在那里

衣服沾满溅回的血,可不能保持着这副穿着随随便便出去

 

ジャージに着替えた僕は外に出て、自販機で水を買って飲み干した。

喉が焼けてひりひりと痛む。

ついでに足が今にも崩れ落ちてしまいそうだ。

换上运动套衫的我来到外面,一口气喝干了在自动贩卖机买来的水

喉咙烧得干疼

另外双脚也是,就算是现在也似乎马上要崩塌下去的感觉

 

仲介人の携帯を使って首謀者にメールを出しておいた。

通过中介人的手机,给主谋者发了短信

 

『アイドルの件でヤバイことになってます! いつものビルで待ってるんで、至急来てください!』

『关于偶像那件事变成了不妙的状况! 在平常的那栋楼等着你,请火速赶来!』

 

文面はその前のメールを参考に書いた。

アイドルの件、と銘打てばきっと来るだろうと踏んでいる。

不味いのは来なかった場合だ。

その時は意地でもこちらから出向かなければならない。

短信内容的风格参照了之前他发送过的短信

我估计只要强调了『偶像那件事』的话,那他一定会来的吧

不妙的是他并没有过来的场合

那个时候,就算是来硬的也只能由我这边前去了

 

寝首をかこうにも奴はいつも仲間と群れている。

といっても、一人で来る保証なんてないんだけど。

就算想要乘其不备,那家伙也一直和同伴聚在一起

话说,也无法保证他只会一个人来呢

 

あの日以降も晩餐会はあのビルで行われた。

僕はそれをこの日のために見逃すしかなかった。

それもこれも今日のため。

全てを今日、終わらせるためだ。

那天以来的『晚宴』,也是在那栋废楼里举行的

我为了今天这一天,不得不先忍耐下来

不管是这个还是那个,都是为了今天

为了在今天,将一切都终结掉

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
  1. waox

    這男主哪裡叫慫啊wwwwww
    簡直是隨時會壞掉的病嬌

    2015年6月16日 08:182 回复
  2. avalon

    所以谁能告诉我,他为什么不报警?

    2015年3月23日 17:14 回复
    • lu

      =_=报警的话肯定就会把偶像那些过去的事情暴露出来了,因为偶像不想让人知道。男主只是尊重了偶像的意愿,不然偶像自己也早报警咯。

      2015年3月23日 20:352 回复
      • hentai

        所以说都是因为他当初太怂了

        2015年3月23日 21:57 回复
        • lu

          -_-就算男主当时不怂也无解啊,一个弱气书生对3个混混,怎么看都没胜算。

          2015年3月23日 22:022 回复
        • 鱼香肉松

          并不是冲进去大喊,老子要跟你们拼命就能改什么
          一开始不认怂的话,同样救不到人,只是会被人家揍一顿,脸还会被看到
          后面也不可能用这种方式把中介骗去废楼里弄死

          2015年3月24日 10:091 回复
  3. 伪文艺de茶叶

    故事基调好黑啊……

    2015年3月23日 17:10来自QQ3 回复
  4. hentai

    啊,一下子变得紧张了。真是的..当初要是勇敢点就好了

    2015年3月23日 00:06 回复
  5. Free

    喂喂!这是要双杀的节奏啊!

    2015年3月22日 22:58来自QQ 回复
  6. 江崎ろうこ

    感觉好紧张

    2015年3月22日 22:16来自移动端 回复
返回顶部