21Mar

『中短篇故事・2ch』我的班里有一个偶像(四)

时间: 2015-3-21 分类: 我的班里有一个偶像 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1369393299/


 

上一章 目录 下一章

 

21:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 20:25:12.44 ID:DPT4Cjiz0

眠りから覚めると昼過ぎだった。

当然彼女はいなくなっていて、

お腹が空いたので弁当を食べる。

醒过来的时候已经是下午了

当然她已经不在了

因为肚子很饿所以吃了便当

 

最後の授業に顔を出すと、

教師に重役出勤かと揶揄された。

頭を軽く下げながら入ると、

教室に小さな笑いが起こる。

出席了最后一堂课后

被老师讽刺说你这是大老板来上班吗

微微低着头进到教室里后

教室泛起了一层轻笑声

 

僕がこんな風に注目されることなんて、

今日が初めてなんじゃないか?

いつもなら恥ずかしくて俯くだけだ。

だけど今はそんなことがない。

我像这样受到这么多的注目的日子

好像今天还是第一次吧?

如果是平常的话我可能只是害臊地低着头而已

但今天并没有这种感觉

 

これからもっと恥ずかしいことをするからだろうか。

人として恥ずべきことを行うからだろうか。

要は開き直っただけってやつだ。

でも、今日はいつもよりクラスの空気が心地いい。

是不是因为在这之后,我将要做更令人害臊的事情呢

是不是因为在这之后,我将要做作为人来说值得羞耻的事情呢

说白了就是已经是死猪不怕开水烫了

不过,感觉今天班里的空气好舒适

 

知らなかった。

学校って楽しいものだったんだ。

我从来不知道

原来学校是这么快乐的地方

 

22:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 20:25:49.11 ID:DPT4Cjiz0

学校が終わってから塾には行かなかった。

行動を起こすにはまだ早い。

せめて夕暮れが沈んで貰わないと動けない。

学校结束以后,我并没有去补习班

要行动的话时间尚早

至少在日落为止还不能做出行动

 

まず本屋に行って、色々買った余りのお金で本を選んだ。

きっと本を読むことは暫くできなくなってしまうだろうから。

首先来到了书店,用买了各种各样的东西后剩下的钱挑了一本书

因为在这之后,我肯定有好一段时间都没办法再看书了

 

好きな作家は読み飽きてしまっている。

かといって今日という日に挑戦するつもりはない。

だから無難に童話を読むことにした。

題名は『灰色の街』。

喜欢的作家的书早就读腻了

不过话虽如此,今天并不打算挑战什么新花样

所以中庸地挑了一本童话来读

标题名是『灰色的小镇』

 

目的地のファーストフード店で時間を潰す。

もちろん、灰色の街を読んでいた。

題名の通り、その世界は灰色だった。

色のない世界が舞台の物語だった。

在目的地的快餐店里消磨着时间

当然,读了一下那本灰色的小镇

跟标题一样,那个世界是灰色的

这是一个以没有颜色的世界作为舞台的故事

 

23:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 20:26:17.52 ID:DPT4Cjiz0

灰色であることが通常の世界。

白と黒だけで描かれた景色。

誰もがそんな世界を当たり前に考えている。

这是一个灰色才是常态的世界

只被黑和白两种颜色描绘的景色

无论是谁都认为这样的世界是理所当然的

 

とある街の中心に大きな森林公園があった。

森林公園は施錠されていて、

決して中に入ってはいけないと大人から強く聞かされていた。

某个小镇的中心有个巨大的森林公园

森林公园被上了锁

一定不可以进到里面去,大人们一而再再二三地对孩子们强调着

 

けれど良い子ばかりではないので、

学校帰りに探索しようと集まった三人がいた。

主人公はその中の一人だ。

不过,并非所有人都是好孩子

在放学路上,有三个孩子因为想要探索而聚集在了一起

主人公就是其中的一人

 

大きな柵を乗り越えて中に入る。

森林公園は街とは別世界の自然の森といえた。

そこに白い影が現れる。

太陽も落ちて光の届かない樹の下で、

少年たちはお化けと思い込み一目散に逃げだした。

越过巨大的栅栏进入到里面

人们说,森林公园是别的世界的自然的森林

在日落之后,光芒照射不到的树底下

出现了一个白色的影子

少年们以为那是怪物,看到第一眼时就逃跑了

 

だけど主人公だけは腰を抜かして逃げられなかった。

そんな彼に近づく白い影は、

なんのことない、白いワンピースを着た少女だった。

然而只有主人公吓得瘫倒在了地上,来不及逃跑

然后接近他的白色的影子

并没什么大不了的,只是一个身穿白色连衣裙的少女罢了

 

24:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 20:26:33.93 ID:DPT4Cjiz0

少女は言う。

ここでなにをしているの?

少年は言う。

探検に来たんだ。

少女说道

你来这里干什么呢?

少年说道

来这里探险

 

ここに来てはいけないはずよ。

どうしていけないのか誰も教えてくれない。

そう、誰も知らないのね。

知らないのにいけないって言うの?

你不知道这里是不可以来的吗

但谁也没告诉我为什么不可以

没错,谁都不知道呢

为什么明明不知道却说不可以呢?

 

いけないことと、知らないことは関係がないでしょう?

そうかな。知らないのなら、いいことかもしれない。

じゃあ、知らないけれど教えてはならないことってあるでしょう?

そうかな。そうかもしれない。

不可以,和不知道有关系吗?

是这样吗,既然不知道的话,那说不定可以呢?

不过,就算是不知道也有不能告诉别人的事情吧?

是这样吗,或许是这样没错呢

 

君は知ってるの? なにがいけないのか。

うん、知ってるよ。

じゃあ教えてよ、なにがいけないの?

知りたいなら付いてきて。

你知道吗? 为什么不可以这件事

嗯,我知道哦

那请你告诉我啊,到底什么地方不可以啊?

如果想知道的话就跟过来吧

 

二人は森の奥へと歩いていく。

于是两人走向了森林的深处

 

25:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 20:26:50.05 ID:DPT4Cjiz0

ずっと昔、貴方のおじいさんのおじいさんのおじいさんの頃。人間はこれを隠したの。覗いてみて。

これ、うわ、なに? とても、綺麗だ。

これは、色。色って言うもの。貴方達が隠したもの。

どうしてこんなに綺麗なものを隠したの?

さあ、どうしてでしょうね。

很久以前,在你的爷爷的爷爷的爷爷还在世的时候

人们将这个藏起来了,往里面看看

这个是…哇…这是什么? 好漂亮噢

这个是,颜色噢,是一种叫做颜色的东西,是你们将其藏起来的东西

为什么要把这么漂亮的东西藏起来呢?

谁知道,到底是为什么呢

 

こんなに綺麗なのになにがいけないんだろう。

それは私にもわからない。けれど、いけなかったんだろうね。

もしかしたらさ、独り占めしたかったのかも。

色を?

うん、色を。こんなに綺麗なんだもん。

这么漂亮的东西,到底有什么不好的啊

关于这点我也不是很清楚,不过,可能就是不行吧

说不定,是想独占它吧

颜色吗?

嗯,颜色,毕竟是这么漂亮的东西啊

 

そうね、言われてみれば宝箱みたい。

君はずっとこれを見ていたの?

ずっとこれを見張っていたの。それが私の役目だから。

じゃあ、君はずっとここにいるの? この公園に?

そう、それが役目だから。

そんなの、酷いよ。一緒に外に出よう?

是噢,要说的话就像是宝箱一样

你一直在看着这个东西吗

这是我一直以来看守的东西,因为这就是我的职责

那,你一直都待在这里吗? 在这个公园里?

没错,这就是我的职责

这种事情…太过分了啦,一起出去吧?

 

駄目よ、これを見張らなくちゃ。

じゃあ、これを見張らなくてもいいようにしよう。

でもどうやって?

それは……。

不行噢,不好好看守下去的

那么,只要使得你不再需要将这个看守下去就行了吧

不过,该怎么做呢?

那是……

 

26:名も無き被検体774号+: 2013/05/24(金) 20:27:14.60 ID:DPT4Cjiz0

「うん、いいね、童話っぽくて好きだな」

まだ途中だけど灰色の街を閉じる。

そろそろ夜が近づいてきた。

動き始めるにはいい頃合だろう。

「嗯嗯,不错啊。有童话的感觉,我喜欢」

虽然只看到一半,但我还是把灰色的小镇合上了

差不多夜晚也接近了

要开始行动的话,这应该算是不错的时机吧

 

目的のゲームセンターは目の前だ。

ここに仲介人の不良はいつもいる。

この日も特になにをするわけでもなく、

ベンチに座り込んで携帯を弄っている。

目的地的游戏厅已经在眼前

在这里,中介人和混混一如既往的待在这里

那一天好像并没什么特别想要做的事情

只是坐在长凳上玩着手机

 

ここには友達と来ているらしく、

そいつはゲームに興じている。

だから一人になる時を見計らうのは簡単だった。

好像是和朋友一起来的

那家伙正在玩着游戏

所以想要看准他落单的时机还是很容易的

 

壁に隠れて胸に手を置く。

大きく息を吸い込んで、吐く。

もう後戻りはできない。

……よし。

躲在墙后,将手置于胸前

大大地吸入一口气,然后吐出来

已经无法回头了

……好

 

「あの」

「那个」

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
  1. 那本童话真的有吗 去搜了一下 没搜到

    2015年3月24日 23:15来自新浪微博 回复
  2. aaa

    呜呜呜

    2015年3月22日 12:58来自移动端 回复
  3. 嗚嗚嗚

    2015年3月22日 10:43来自移动端 回复
  4. hentai

    呜呜呜

    2015年3月21日 22:44 回复
  5. 233

    呜呜呜

    2015年3月21日 20:50来自移动端 回复
返回顶部