5Mar

『中短篇故事・2ch』关于我单相思了十五年的故事(四)

时间: 2015-3-5 分类: 关于我单相思了十五年的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1370866101/


 

上一章 目录 下一章

 

64:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 22:05:32.07 ID:VTdCu/6C0

それから2ヶ月が過ぎ夏に入ったあたりで友人から連絡がはいった。

能年が入院してると。

俺はすぐさまその病院にいった。

自那以后又过了2个月左右,在进入刚夏天的时候,友人突然联系上了我

说是能年住院了

我火速地赶到了那所医院

 

65:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 22:06:35.74 ID:VTdCu/6C0

原因はイケメンだった。

バイクの2人乗り走行中にスピードの出し過ぎで

カーブが曲がり切れず対向車と接触したらしい。

原因是那个帅哥

两个人骑着摩托的时候,速度开得太快

在拐弯处没能完全转过弯道撞到了对面的车

 

67:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 22:07:40.78 ID:VTdCu/6C0

イケメンは右足の複雑骨折と全身打撲。

能年は接触の際に放りだされて背中を強打

肋骨を何本かと全身には痛々しいほどの擦り傷ができてた。

帅哥右脚严重骨折,遍体鳞伤

能年则是在撞车的时候飞了出去,背部受到重击

肋骨伤了好几根,全身都是那种看着都痛的擦伤

 

能年は「私、運悪いなははは…」と笑っていたが、俺は何も言えなかった。

彼女と別れてからイケメンの病室に行った。

能年虽然「我,运气真是差啊哈哈哈…」这么笑了笑,但我什么也说不出来

和她分开以后,我来到了帅哥的病房

 

68:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 22:08:44.84 ID:VTdCu/6C0

俺 「こんにちは、能年の後輩で俺っていいます。お怪我は大丈夫ですか?」

イケメン 「あぁ…、玲奈の。 心配させて悪いね死ななくて良かったよ。玲奈も無事みたいで」

イケメン 「それより俺君バイク好き?」

俺 「えっーと、正直あんまりないですね(笑) ごめんなさい」

イケメン 「そっかwまた新しいバイク買おうかなー もうあれ、乗れないしね」

我 「你好,我是能年的学弟的『我』。伤没什么事吧?」

帅哥「啊…,你是玲奈的…… 让你担心真是抱歉,没死真是太好了,玲奈好像也没事」

帅哥「比起这种事来,我君喜欢摩托车吗?」

我 「那个,说实话不太喜欢呢(笑)抱歉」

帅哥「是嘛ww要不要再买个新的摩托呢~那个,已经没法再用了」

 

69:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 22:09:48.46 ID:VTdCu/6C0

ここでいやに、能年ではなくバイクについて語り出す

イケメンにイライラし始めていたが冷静を装った。

结果这混帐,半句不提能年,开始聊起摩托车的事情来了

虽然已经开始对帅哥感到火大,但仍装出一副冷静的样子

 

ここで思い出したのだが、内の親父もバイクが好きで昔よく母ちゃんを後ろに乗せてた。

バイク乗ってる人からしたら常識なのかもしれないが

普通は夏でも長袖長ズボンで乗るらしいな。

親父も母ちゃん乗せる時は夏でも長袖長ズボンを着せてたわ。

在那时我也想了起来,我家的老爹也喜欢摩托,以前常常将老妈载在后面

虽然对坐摩托车的人来说可能是常识

好像平常的话就算是夏天也会穿着长袖长裤坐在后面的

老爹在载母亲时,就算是夏天也让她穿上了长袖长裤

 

70:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 22:10:52.55 ID:VTdCu/6C0

俺 「その時って、能年どんな格好してました…?」

イケメン 「えっーと、半袖ショートパンツだったよ」

俺 「能年の怪我みました? ひどい擦り傷で女の子にあれは可哀想ですよ。 事前に注意しなかったんですか?」

イケメン 「距離も近くだったからね…、でもあれは対向車も中央線超えてたし…」

我 「那个时候,能年是怎么穿的…?」

帅哥「那个,短袖短裤吧」

我 「你有没有去看过能年的伤?

   擦得到处都是伤,对女孩子来说那个实在太可怜了。没事先提醒她吗?」

帅哥「那是因为距离比较近……,不过那个是因为对面的车越过了中央线……」

 

71:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 22:11:56.41 ID:VTdCu/6C0

俺はもう我慢の限界だった。

目の前が真っ赤に染まるっていうのはこういう事を言うんだと思う。

初めて本気で人を殺してやろうかと考えた。

我已经到了忍耐的极限了

眼界染成了红色,指的就是这种情况吧

第一次认真地想要杀掉一个人

 

病人を殴るなんて屑なんだろうけど、気がついたら殴ってたよ。

通りかかった看護師と医者に羽交い締めにされて、出禁になった。

警察沙汰にならなかったのは運が良かったとしか言えない。

虽然殴打病人什么的真的是人渣行为,但意识到时我已经揍了上去

被路过的看护师及医生倒剪双臂,被禁止出入了

没有发展成为需要警察介入的问题,只能说是运气好

 

72:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 22:13:03.02 ID:VTdCu/6C0

その後すぐ友人から聞いたのだが、イケメンの祖父が金持ちらしく

慰謝料を払う代わりに別れてくれと言ったらしい。

能年両親は激怒し、慰謝料は入らないからもう、二度と姿を現せないで欲しいと伝えた。

不过后来马上从友人那听说了,帅哥的爷爷好像是有钱人

说是会付赔偿金的,希望两人能够分手

能年的父母激怒,说是赔偿金什么的才不需要,以后都别出现在我们面前了

 

そうしてイケメンはすぐに病院を移転していった。

まぁ、お金は後日送られてきたらしいが。

就这样,帅哥很快就搬到了别的医院

嘛,钱好像后些日子还是送了过去的样子

 

73:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 22:13:40.99 ID:7hYUcuuq0

対向車も中央線超えてた??

对面的车也越过了中央线??

 

74:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 22:15:43.24 ID:VTdCu/6C0

>>73

その辺はイケメンの口からしか聞いてないから

わからん。でも、20㎞オーバーしてたらしい

>>73

关于那一块只从帅哥嘴里听说

所以不是很清楚。不过,时速好像已经超过20km

 

この間に、友人にアドレスを教えてもらって能年にメールを

送ってみたが返ってくることはなかった。

何度も会いに行こうとしたが、俺のせいで婚約を破談させたようなもんだ。

彼女の両親にも会わせる顔がなかった。

在这段时间里,虽然友人有告诉我能年的邮箱地址,也给她发了短信

但是并没有收到回复

虽然也有好几次想要去见面,但我毕竟是做了类似把婚约搞砸的事情

也没脸去见她的父母

 

75:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 22:16:37.88 ID:3mifo98v0

なんか色々せつないな

見てるぞ頑張れ

总觉得各种悲伤啊

正在看噢,加油

 

76:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 22:16:56.24 ID:VTdCu/6C0

それから1ヶ月が経った。

彼女は幸い足は骨折していなかった。

なのにやたら入院が長引くなと不思議に思っていたのもあり

バレ無いようにビクビクしながら能年に会いにいった。

在那之后又过了一个月

她运气不差,脚并没有骨折

明明是这样,却在医院里待了这么久。包括对此感到不可思议在内,也想去见见她

于是提心吊胆,偷偷摸摸地跑去见能年了

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
  1. 233

    期待下集~~~

    2015年3月5日 16:40来自移动端 回复
  2. 龙月

    哎。我君 真实好男人

    2015年3月5日 12:521 回复
  3. 感谢lu酱分享。

    2015年3月5日 11:07来自新浪微博 回复
返回顶部