1Mar

『中短篇故事・2ch』关于我单相思了十五年的故事(一)

引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1370866101/


 

目录 下一章

 

15年片思いした話

关于我单相思了十五年的故事

 

3:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 21:10:36.58 ID:VTdCu/6C0

スペック

人物资料

 

ふつめん

175 ヒョロガリ

23歳

长相一般

175,瘦柴骨

23岁

 

相手

かわいい(能年玲奈ちゃんに似てるから以下能年)

对方

可爱(因为长得像能年玲奈,所以以下略称能年)

『中短篇故事・2ch』关于我单相思了十五年的故事(一)

 

155cm?

ちっぱい

24歳

155cm左右?

胸部小

24岁

 

4:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 21:11:45.96 ID:VTdCu/6C0

出会いは小学校に入る前だった。

当時ハイパーマザコンだった俺はいつも母と一緒に行動してたせいもあって、保育園ではあまり友達がいなかった。

相遇是在进入小学之前

当时恋母情结极为严重的我因为老是跟母亲黏在一起,所以在幼儿园没什么朋友

 

それを心配した駄菓子屋をしてた、ばあちゃんがよく来てくれる子供に俺と仲良くしてくれと声をかけていた。

そこによくお母さんと一緒に買いに来てた子が能年だった。

对此感到担心的奶奶,对经常到她的粗点心店里来买东西的小朋友搭话

叫他们跟我好好相处

当时有个常常和母亲一起来买东西的孩子就是能年

 

第一印象はこいつ小さいな、年下かな?だった。

聞いてみると家から50mも無いとこに住んでてご近所だった。

第一印象是,这家伙真是娇小啊,年龄比我小吗?这样

问了问后发现家里住的地方是连50米的距离都没有的邻居

 

5:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 21:12:50.44 ID:VTdCu/6C0

ばあちゃんのお陰もあって数人の男友達もでき小学校に入学。

この頃、能年とは近所ですれ違ったら手を振るぐらいの関係でしか無く話したこともなかった。

多亏了奶奶,我成功地交到了几个男性朋友,上了小学

那个时候,跟能年只是那种住在附近,遇到的话会招招手的关系而已

所以这个阶段的事情没什么好说的

 

6:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 21:13:55.24 ID:VTdCu/6C0

俺の地元は田舎では無いんだが学年で20人弱くらいしか人がいなかったせいもあって

なにかと一つ上の学年と合同で授業することが多かった。

我那一带虽然不是乡下,但整个年级只有20人左右

因为这个缘故,常常会和高一个年级的学生们一起上课

 

7:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 21:15:00.55 ID:VTdCu/6C0

そこで一つ上の学年に能年が居るのを知った。

能年はよく笑う笑顔のかわいい子だった。

いつ見ても笑ってた。

当时能年就在那高一个年级的学生当中

能年是那种很爱笑,笑容十分可爱的孩子

不管什么时候看到都是一副笑容

 

彼女の黒髪は本当に綺麗でよく女子たちに触られてるのを見た。

いつからか、俺は能年を目で追うようになった。

休み時間や合同授業、登下校はいつも能年を気にしていたと思う。

今思うとこの頃からもう彼女のことが好きだったのかもしれない。

她的黑发真的是很漂亮,经常可以看到被女生们触摸的场面

不知从什么时候开始,我的视线就一直在追着能年跑了

休息时间时、联合课堂时、上学放学时,注意力都集中在能年身上

现在想想,恐怕从这个时候开始我就已经喜欢上她了

 

9:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 21:17:55.55 ID:VTdCu/6C0

みんなも分かると思うが小学生の男子ってのは好きな人に構って欲しいがために、ちょっかいを出す。

俺もその一人だった。

ことあるごとにちょっかいを出して、能年を困らしたかもしれない。

大家都懂的,小学生时代的男生

为了能引起喜欢的人的注意力,常常会故意去挑弄喜欢的人

我也是其中的一人

只要一有机会就去挑弄能年,可能给她带来了挺多困扰

 

11:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 21:18:59.51 ID:VTdCu/6C0

俺がちょっかいをだすと、

「もぅ!!俺くん!!やめてよ!」って言ってよく笑ってた。

たまにやり返してくる時の彼女の怒ってるような笑ってるような表情が俺は大好きだった。

每当我又调皮时

「真是的!!我君!!别这样!!」经常这样嬉闹着

偶尔会对我还击时的她的又像是生气又像是在笑的表情,我真的很喜欢

 

そういう時に彼女は俺のことを弟のようだと友達に話していた。

構ってもらえるのが嬉しくてよく能年の教室に顔を出したりした。

在这种时候,她都会对朋友说我是像她弟弟那般的存在

因为能被她关注真的是很高兴,所以常常会出现在能年的教室里面

 

12:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 21:20:03.34 ID:VTdCu/6C0

友人には

「なに、お前あの子のこと好きなの?」

ってよく言われた。

朋友也是

「什么什么,你喜欢那孩子么?」

经常会这么问

 

俺はいつも、恥ずかしいから

「ちちちちちちち、違うわい!!」

と躍起になって否定していた。

而每当被这么问道时,因为太难为情,我每次都

「才才才才才才,才不是呢!!」

会这样急忙地否定

 

今考えると誰がどうみても好きにしか見えない。

现在想想的话,估计当时无论是谁眼中不管是怎么看我都是喜欢她的吧

 

13:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 21:21:07.92 ID:VTdCu/6C0

俺と能年は背の順で一番前だった。

いつもチビチビと馬鹿にしていた。

自分も小さいくせにな。

横からちょっかいを出して先生に怒鳴られることもあった。

我和能年因为最矮所以排队都是在最前面

常常小不点小不点地这么嘲笑她

明明自己也那么小的说

有时候挑弄她被老师看到时还会被骂

 

14:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 21:22:13.18 ID:VTdCu/6C0

高学年になると俺はクラスの中心にいた。

いつも馬鹿やってみんなとよろしくやっていた。

この時までは俺もいわゆるリア充だったのかもしれない。

成为了高年级以后,我变成了班里的中心

整天做些蠢事,和班里的大家相处得都很好

到这个时间为止,我或许可以称得上是现充也说不定

 

15:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 21:23:17.09 ID:VTdCu/6C0

能年は一足先に中学に入学、美術部に入ったようだった。

その間これといった進展はなく俺も続いて中学に入学した。

特にやりたいこともなかったので友人に誘われたバスケ部に入った。

バスケ部と美術部加えて一つ学年が違うので当然のことながら接点は皆無だった。

能年比我提前一步上了初中,好像进了美术社

在这期间没什么特别的进展,后面我也跟着上了初中

因为也没什么特别想做的事情,所以接受了朋友的邀请进了篮球社

因为有篮球社和美术社,以及再加上一个年级的差距

所以理所当然地完全没有接触点

 

16:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 21:24:21.18 ID:VTdCu/6C0

能年が先輩に告白されてたとか同級生に好きな奴がいるだとか、そんな情報だけに聞き耳を立てていた。

どうやら能登はまだ付き合ったことがないようだった。

それを聞いてから構って欲しくて登下校や学校の廊下で見つけてはちょっかいを出していた。

只是能听到能年被高年级的学长告白啊,在同年级里面有喜欢的家伙之类的情报

看样子能年还没有跟人交往过的样子

听说了这些以后,因为想要引起她关注

我在上学放学以及学校的走廊里看到她时,又开始挑弄起她来

 

17:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 21:25:26.46 ID:VTdCu/6C0

2年になるとみんな大好き中二病を発症。

手から雷切を出す練習したりしてた。

上了初二以后,开始患上了大家最喜欢的中二病

开始练习用手发出雷切的招式

 

そして、ラノベを読み始めた辺りから雲行きが怪しくなってきた。

授業中はラノベを読み漁り家ではアニメを見る。

这都还算好的,到了开始读轻小说以后,形势开始变得不妙了起来

在上课的时候不停地翻阅着轻小说,回到家则沉浸在动画里面

 

19:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 21:26:30.37 ID:VTdCu/6C0

元気な奴から根暗にジョブチェンジが成功した。

晴れてお前らの出来上がり。

从一个活泼有精神的小伙子顺利地专职成为了生性阴郁的死宅

漂亮地成为了你们中的一员

 

女子には

「先生!俺君が授業中にエッチな本読んでます」

と言われて生徒指導のゴリラに掴まれて職員室行きになることもあった。

被女生

「老师!我君在上课的时候看了色色的书」

这么举报,被教导处的大猩猩抓去办公室的事情也发生过

 

が中二病にそんなものが効くはずもなく、変わらず虹への探究心は衰えなかった。

然而这种程度当然不可能阻止中二病的发病,我对通向彩虹的探究心没有丝毫衰减

 

20:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 21:27:38.47 ID:VTdCu/6C0

そうこうしている内に能年が卒業する時期になった。

今よりも会えなくなると思った俺は相当焦っていた気がする。

が、友人の話によると卒業間際に能年に告白して散っていった奴が多数いたらしい。

ざまぁwwwと思う反面、人のこと言ってる場合じゃねぇと思いヘコんだ。

就在我这么瞎闹腾的时候,能年已经迎来了要毕业的时期

想着以后可能没那么容易见面了的我,感觉到了相当的焦躁

然而,据朋友所说,在临近毕业时对能年告白结果玉碎的家伙好像很多的样子

『活该www』在这么想着的同时,也会『你还有工夫去嘲笑别人吗』这么想而感到消沉

 

22:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 21:29:12.31 ID:VTdCu/6C0

卒業式直前、下校途中の能年の後ろ姿を見つけた。

いつものようにちょっかいをかけにいった。

在眼看就要迎来毕业典礼的时候,我在放学路上看到了能年的背影

我和往常一样对她施展了挑弄攻击

 

俺 「うぇいwwww」

能年 「び、びっくりした!もーまた俺かー」

俺 「うるせーwww」

能年 「本当に俺は私のこと好きだねー笑」

我 「哇wwww」

能年「吓、吓死我了!真是的~又是我君吗~」

我 「啰嗦www」

能年「我君真的是很喜欢我呢~(笑)」

 

23:名も無き被検体774号+: 2013/06/10(月) 21:30:16.85 ID:VTdCu/6C0

能年は茶化すつもりで言ったんだろうが

俺はなんだか焦っていたのも相まって正直に答えてしまった。

能年虽然估计只是在开玩笑

但我那时也是已经相当焦躁,结果说出了真心话

 

俺 「好きだよ」

能年 「えっ…」

能年 「なにー笑~本気で言ってんの?」

俺 「うん…」

我 「喜欢噢」

能年「诶……」

能年「什么啊(笑)~你是认真的吗?」

我 「嗯……」

 

能年 「えっ…そ、そっか…」

俺 「返事はいいいいいつでもいいから」

能年 「今日帰ったら電話するね…」

能年「诶……是、是这样啊……」

我 「回、回回回复什么时候给都没关系的」

能年「今天回去以后会给你打电话的……」

 

目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

------------------------------------看趣闻需要你的帮助,详情------------------------------------

相关文章:

Comments
  1. 我也想认识长得像能年玲奈的女孩~

    2015年3月2日 18:06 回复
  2. YE

    刚觉得留下了悬念,然后我抬头看了一眼标题…

    2015年3月2日 00:241 回复
    • 被这么一说我也注意到了。。。

      2015年7月28日 16:47来自移动端 回复
返回顶部